ariyasacca

カテゴリ一覧

Biz | SF | Software | tDiary | Web | ゲーム | サバティカル | スポーツ | ミステリ | メタル | 健康 | 投資 | 携帯 | 時事ネタ | 死生観 | 資格 | 雑記
2004|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2016-09-02 (金) [長年日記]

[雑記]『ネオ寄生獣』読んだ

ネオ寄生獣 (アフタヌーンコミックス)(岩明均/萩尾望都/太田モアレ/竹谷隆之/韮沢靖/真島ヒロ/PEACH‐PIT/熊倉隆敏/皆川亮二/植芝理一/遠藤浩輝/瀧波ユカリ/平本アキラ)

『寄生獣』は数あるマンガ作品の中でも自分にとってオールタイムベストと言えるほど思い入れのある作品で、本書『ネオ寄生獣』は月刊アフタヌーン誌に不定期掲載されていた、講談社系の作家人による寄生獣トリビュート作品集である。

作品の方向性は概ね3つに類型されて、

  • ミギーをはじめとするパラサイト(地球外生命体)達の、本編その後を描いた作品
  • パラサイトの軍事利用に焦点を当てて、よりSF方向に倒した作品
  • 最低だが最高なエログロ方向へ突き抜けた作品

といった傾向になっている。

中でも太田モアレ氏による『今夜もEat It』は、正統な外伝と言われても信じてしまう出色の出来で、ミギーとシンイチ以外のパラサイトと人間の一生を見事に描き切った傑作である。この作品のためだけに買う価値があると言って良い。

細かいコマに『寄生獣』本編を読み込んでいる人がニヤリとしたくなるオマージュ表現が多々登場して、『アゴなしゲンとオレは寄生獣』は余りにも凄過ぎて笑うしかなかったのだけど、これを描いた平本アキラ氏って『監獄学園』の人だったのか……。アフタヌーン掲載時は気にしていなかったが、今回読み返してから作者経歴を見て納得してしまった。


2016-09-03 (土) [長年日記]

[雑記]『シン・ゴジラ』見てきた

周回遅れオタクを自認している通りのテンプレ行動ではあるのだが、「今さらかよ!」というこのタイミングで映画館で『シン・ゴジラ』を見てきた。だって8月までは夏休みの影響もあってか混んでたんだもん……。以下なるべくネタバレ無しの感想を書く。

僕は特撮はもとより『ゴジラ』シリーズにも全く思い入れは無くて、地上波放送でvsシリーズ作品を幾つか見た事がある程度の人間である。完全にミーハーというか総監督:庵野秀明に釣られて見に行った1人だと言える。

さて、『シン・ゴジラ』である。結論から言って大変に面白かった。めちゃくちゃにエヴァっぽいと思ったのは音楽や音響効果と異常な情報過多である点くらいで、メインは縦割り組織の皮肉たっぷりの官僚ドラマといった感じだった。中盤以降は自衛隊による作戦立案と遂行が前面に出て来てますます面白い。

テレビ見ないおじさんである怪我の功名というか、キャストも竹野内豊と大杉漣くらいしか顔を見た瞬間に名前の浮かぶ人は居なかったため、新鮮な気持ちで鑑賞できた。ほとんど知らない人が演技している状況である。

ゴジラの造形について言えば、最初に上陸した形態のキモさがとても印象に残っている。ローストビーフかよ。序盤の洪水シーンなんかは見ていて辛くて仕方が無かったのに、ヤシオリ作戦になって人間側が既存インフラを投げ打って足止めをしている頃には、何だかゴジラが苦しそうな鳴き声で可哀相に感じてしまうので、傍観者の視点というのは不思議なものである。

映画が封切られた直後からずーっと考察が続いてるところがいかにも庵野作品だなぁという感じではあるけれど、頭空っぽにして見に行ってもスカッと楽しめるパニックホラーでした。監督はじめスタッフが1番好きにした結果だよね。どうとでも続編が作れそうな終わり方ではあったけども、次があるんでしょうかね。


2016-09-06 (火) [長年日記]

[投資]ヒビノ株式会社の株主優待が届きました(1年ぶり2回目)

株式を現物で300株保有しているヒビノ株式会社から株主優待が届きました。ライブ銘柄であり応援企業のため長期ホールドしています。

優待内容は選択式です。

  • 100株保有で以下いずれか
    • クオカード2,000円分
    • ライブハウス「ケネディハウス銀座」入場券x2枚(4,000円相当)
  • 300株保有で以下いずれか
    • クオカード4,000円分
    • ライブハウス「ケネディハウス銀座」入場券x4枚(8,000円相当)

ライブは好きですが銀座まで行く機会の無い私はもちろん、昨年と同じクオカード4,000円分を選びました。

2,000円分ずつ送られて来るためコンビニで使い易いのが良いですね。今年はふるさと納税ビールがあり余っているため、今のところクオカードの出番はありませんが……。

【写真】ヒビノの優待クオカード4,000円分

ヒビノの株価

2016年グレートブリテンショックのため見ていません。

米国利上げ~。


2016-09-19 (月) [長年日記]

[雑記]近況(マネジメント、シルバーウィーク年休消化、同窓会)

  • マネジメント
    • とうとう10月から管理職をやる事になってしまった。上長にはずっと「専門職のままキャリアを積みたい」と伝えていたのにひどい。他人のキャリアについて相談に乗ったり導くなんて恐れ多くてやりたくねぇ……。
    • 実際のところ、学習の高速道路が年々整備されてる事もあって、新卒入社3~4年目の伸び盛りな若者を見ていると、「最新のJavaScriptフロントエンドやモバイルアプリ開発って絶対に付いて行けないわ」っていうのはあるんだよな~。これがプログラマの35歳限界説なのか。
    • 早速マネジメント研修みたいなものを大量に受ける羽目になって、ますますコードを書く時間が減ってしまい、若者との差が開くばかりである。
    • 多くのITエンジニアがやりたがらないマネジメントをやるんだから、ちゃんと上積みされるように給与交渉をしっかりやるぞ~o(^▽^)o
  • シルバーウィーク年休消化
    • 9/20 (火)と9/23 (金)は年休消化に充てて、4連休x2とした。
    • 台風16号が直撃するなら21日も休んで9連休でも良かったが、今のところは大丈夫そうかな?
    • 2016年度の年休消化はあまり芳しくない。
  • 同窓会
    • 10月の早々に中学校の同窓会が開催されるらしく、当時の担任まで呼ぶ大々的な集まりなんだとか。
    • 「ドキッ! 既婚者だらけの同窓会」である事が容易に想像できるが、10年以上も会ってない面々が結構参加するようなので、興味本位で出席することにした。精神的に多大なダメージを受けそうである。
    • 「酒飲みたいんだけど誰かに乗り合わせて行かなあかんの?」と確認したところ、飲みたいメンバー向けにマイクロバスを1台用意してあるとのこと。みんなちゃんとした大人になったんだね……。田舎にありがちな飲酒運転上等なDQNが居なくて良かった。
    • この手の連絡網としてLINEが当たり前のように使われてるの、隔世の感がある。mixiなんて誰も憶えていないようだ。

2016-09-23 (金) [長年日記]

[メタル]Helloween JAPAN TOUR 2016 VERY SPECIAL GUEST: Amaranthe名古屋公演に行ってきた

ドイツのメタルシーンでは一線級の知名度を誇り、ここ日本でもずっと人気の高いHelloweenの来日ツアー名古屋公演に行ってきた。今回のツアーには、前座としてAmarantheが帯同している。本当は2016-06-24に予定されていた公演日が、ドラマーのダニ・ルブレが虫垂炎で緊急手術し、延期された振替公演日なのだった。ほとんどのファンはチケット払い戻しせずにそのまま来たと思われる。遠征組は大変だろうな。

チケットは前売り9,000円 + ドリンク代500円。思えば2013年はAmarantheを大阪まで見に行って、その後に名古屋でHelloweenを見ているため、一挙に両バンド見られるのは大変にお得な感じがする。

会場は新栄町にあるクラブダイアモンドホール。1,000人弱が収容できる、名古屋ではかなりの大バコである。仕事は有給休暇を取っていたんだけど、開場時間を1時間早く勘違いして早く現地に着いてしまったため、周辺をぶらぶら歩いていた。オープンしたばかりの良い感じなグルメバーガーを店を見付けられたので満足。

軽食後にダイアモンドホール入り口へ行くと、既に結構な長さになった待機列が。自分の整理番号は450番前後だったんだけど、ちょうど同じくらいの列に同僚の女性が並んでて、不意に話し掛けられてびっくりした。普段のどマイナーなメロスピやメロデスのライブだとこういう事態は滅多に無いので、さすがHelloweenだなぁと。

チケットをもぎって貰い、ドリンクにビールを注文。ちゃんと一番搾りの樽生、さすが伝統あるライブハウスである。客入りは開演前から相当なもので、800~900人は埋まっていたんじゃないだろうか。

Amaranthe

国内外のメタルフェスにも常連となりつつあるAmaranthe、彼らが前座というのはなかなか豪華である。

  • 女性1人と男性2人の変則的なトリプル・ボーカルのスタイルは、相変わらずユニークでステージ映えもする。
    • サウンドのバランスが良好で、全員の声がしっかりと聞き取ることができた。
    • グロウル担当のヘンリク・エングルンドはキレッキレでかっこいい。
    • バンドの顔でもある女声担当エリーゼは、体形がややむっちりした印象。中音域に艶がありよく通る。後半は何故か際どいストリッパーのような衣装になっていたのは謎。
  • ギタリストのオロフ・モルクは、すっかり本業のDragonlandよりも、こっちのAmarantheでの活動が有名になってしまったなぁ。
    • っていうかDragonlandじゃ、こんな大勢を前にライブやる機会無いよね……。
  • 持ち時間が思ったよりも長かった。まさかアンコールもあるとは。アンコール含めて1時間くらいかな?
    • セットリストは代表曲をギュッと詰め込んだ内容で、かなり良かった。
    • ただHelloween目当てで来ている客にはやはり長過ぎる印象を持たれたようで、アンコールなし45分くらいでも良かった気がする。
    • ジェイクとエリーゼのMCが長いんだよな~。

【写真】演奏終了後のAmarantheメンバー

Helloween

熟練した機材スタッフ達のテキパキした仕事により、15~20分くらいの幕間を挟み、早々にHelloweenが登場。ステージセットも一気に豪華な作りに早変わり。金のかかってるツアーは場末ライブハウスとは違って、何もかも快適で良いねぇ。

  • 雷鳴轟くようなダニ・ルブレのドラミングから演奏スタート。
    • 手術と聞いて心配したものの、全く影響を感じさせないパワフルなプレイだった。良かった良かった。
  • ボーカルのアンディ・デリスは終始ご機嫌で、喉の調子もまぁまぁ良さそうだった。
    • 前任者マイケル・キスク時代の楽曲も、今や完全に彼の曲であるように堂々と歌っている。
    • 個人的にはこういうクラシック・ナンバーはもう良いから、アンディ・デリス期の代表曲をもっと沢山やって欲しいんだよね……。80年代Helloweenが売れまくってた日本で当時の曲を外すのは難しいんだろうけど。
  • ギタリストの2人では、よりサシャ・ゲルストナーが前面に立つ場面が増えて、オリジナルメンバーであるヴァイキーは後ろで弾いてる姿が目立った。何だか完全な世代交代を印象付けられた。
    • 元々2m近い長身のサシャが横にもふっくらして、「デカい」という感想しか出なくなってしまった。
    • 一方でヴァイキーは激痩せしたように見えて、変な病気じゃないかと心配になる。
  • Amarantheの持ち時間が多かった分だけHelloweenの演奏は短いのかな~と心配してたが、たっぷり2時間近くもやって大満足なのだった。
    • セットリストは色んなアルバムから持って来ていたけど、やっぱりKeeper Of The Seven Keys時代の曲が多過ぎるよな~。
    • 2016年にEagle Fly Free~Dr. Steinで始まって、Future World~I Want Outで終わりっていくら何でもおかしいと思うよ。

総評すると、やっぱりHelloweenのライブは観客を楽しませる事を重視していて楽しい。ただセットリストは改善して欲しい。

前座も豪華だったし、それぞれの持ち時間もたっぷり。行って良かったです。

【写真】演奏終了後のHelloweenメンバー


2016-09-25 (日) [長年日記]

[雑記]通勤用のカバンを買い替えた

これまで通勤用のカバンには株式会社メガチップスの株主優待カタログで貰えるカバンを使って来たのだが、ボロボロになってしまったので買い替えた。

正確には、今年もメガチップスの優待でカバンを貰ったのだけど、想定より立派なカバンが届いてしまい、ちょっと通勤時の電車で座った際に膝上には収まらないサイズだったため、じゃあ買おうと云う事に決めた。

自分が通勤用のカバンに求めるのは、

  • 膝上に収まる
  • 11インチMacBook Air + α(折り畳み傘やモバイルバッテリー)が入る

くらいしか要求が無くて、余りこだわらずに適当なやつをAmazonでポチポチ注文した。

2,900円と安かった割に構造も丈夫でなかなか良いです。

【Amazon.co.jp限定】 【神戸リベラル】 ビジネスバッグ A4サイズ ノートパソコン対応 軽量 R805(ネイビー)

最初に買おうとしていたカバン

最初はAmazonセールで見かけた売れ筋の革カバンにしようと考えていた。

が、セール品とは言え、10,000円超える買い物で要求が満たされない製品だったらショックだなと思い留まったのだった。

根がケチだから自分へのご褒美(笑)という買い物すら躊躇してしまうぜ……。今回買ったカバンがボロボロになったら買い替える対象として残しておきます。

LETDREAM(レットドリーム) ビジネスバッグ 本革 640g 01406


最近のツッコミ

  1. 雷悶 (2018-11-10(土)00:10)「Pixel 3高いっす…。」
  2. ヤスローン (2018-11-05(月)21:28)「Google Pixel 3を買おう。」
  3. ムノーン (2018-09-20(木)07:26)「デボラ様派なんだけど、少ないのか。」

参号館  の中の  日記(ariyasacca)

トップ 最新 追記