ariyasacca

カテゴリ一覧

Biz | SF | Software | tDiary | Web | ゲーム | サバティカル | スポーツ | ミステリ | メタル | 健康 | 投資 | 携帯 | 時事ネタ | 死生観 | 資格 | 雑記
2004|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|

2018-07-01 (日) [長年日記]

[雑記]2018年の6月に読んで面白かったマンガ

読んだマンガの棚卸しです。感想を書いておかないと、最新巻を買った際に、自分でも中身を忘れてしまうからな!

相変わらず、読む速度よりも衝動的にポチる速度の方が上回っていて、全然減って行かねぇ……。

『Dimension W』

Kindleの半額セールで最新巻まで買ったまま、「読むの大変そうだな~」と、ずっと積んでいた作品(じゃあ読むまで買うなよという感じだが)。

読み始めたら、あまりにも面白くて、もっと早く読めば良かったと後悔した。

「コイル」という新エネルギーが普及した近未来を舞台にしたSFで、コイルをエネルギー源とすることでアンドロイドも一般的になっている。ただしコイルが原子力以上に、人類が扱うには大変なものである様子が徐々に明らかになる……という感じで、物語の導入から、過去のエピソード挿入まで、プロットが非常によく練られている。

アンドロイドと心の描写は手塚治虫的でもあるし、第1話から完結に向かってずっと走り続ける展開は『鋼の錬金術師』を彷彿とさせる。とても完成度の高い作品。続きも楽しみ。

ディメンション W 1巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックスSUPER)(岩原裕二)

『アリスと蔵六』

Kindleでしばしば1巻無料セールになっていて、1巻を読んだらハマってまんまと最新巻まで購入してしまったケース。

よくある超能力バトル少女モノと思いきや、紗名と蔵六、そして周辺に居る人達の交流がメインであるように読める。

爺さんの蔵六が、頑固一徹で曲がったことを良しとしない性格のままブレないところが良いですねぇ。バトル展開で好きなキャラクターは、メイドさんになって戦う一条さん。あんた幾つ能力を持ってるんや。

アリスと蔵六(1) (RYU COMICS)(今井哲也)

『たくのみ。』

転職を機に四国から上京し、シェアハウスへ入居した主人公が、シェアハウスの住人と、夜な夜な宅飲みをする4コマ作品。ギークハウスの綺麗なところだけ抽出・凝縮したようなズルい内容である。

ヱビスビールに水曜日のネコにインドの青鬼と、好きなビールが沢山登場するので読んでいて楽しい。ただし2巻でスーパードライ回があった点はNG。

酒の解説担当である直ちゃんが大変可愛いのだけど、アパレル店員でこんな高い酒を毎晩かっくらって、財政は大丈夫なのかよ……。

主人公・みちるの、社会人としての成長も丁寧に描かれていて、『NEW GAME!』のようなお仕事マンガとしても楽しみもあります。

たくのみ。(1) (裏少年サンデーコミックス)(火野遥人)

『魔法のリノベ』

住宅の大規模改修「リノベーション」をテーマにした人情噺というか、初期『美味しんぼ』の料理を住宅にしたような、非常に味わいのある作品。

「営業の提案スキルって、こういう事だよね~」と、営業経験の無い俺でも納得の行く描写が多い。

この作品を読んでから不動産の物件情報を見ると、間取りなんかも今までとは違った景色が見えてくるから不思議ですね。

魔法のリノベ : 3 (ジュールコミックス)(星崎真紀)

[雑記]『寄生獣リバーシ』に期待しかない件

全くノーマークだったので、アフタヌーン2018年8月号に1話が出張掲載されてたのを読んで初めて存在に気付いた、名作『寄生獣』の外伝作品『寄生獣リバーシ』。

かつてアフタヌーンに読切掲載され、アンソロジー本『ネオ寄生獣』でもピカ一の完成度だった『今夜もEat it』を生んだ太田モアレ氏の手掛ける連載が『寄生獣リバーシ』とあって、深い考察や本編への愛に溢れていて本当に期待しかない。

『今夜もEat it』でも思ったのは、意図的に絵柄を似せているというか、とにかく無表情なパラサイトの描き方がもの凄く巧いんだよね。衝撃の1話ラストで明かされる外伝側の視点や、2話にして「田宮良子」や「Aさん」といった重要人物も続々と顔見せして、目が離せないです。オリジナルキャラクターである主人公タツキや、クラスメイトの朝河も独特の魅力がある。2018年の8月頃に単行本としてまとめられるようなので、電子版もすぐに発売されると良いなぁ。講談社はKindleストアでの発売が紙とほぼ近くて頑張ってる印象なので、楽しみだ。

ネオ寄生獣 (アフタヌーンコミックス)(岩明均/萩尾望都/太田モアレ/竹谷隆之/韮沢靖/真島ヒロ/PEACH‐PIT/熊倉隆敏/皆川亮二/植芝理一/遠藤浩輝/瀧波ユカリ/平本アキラ)


2018-07-08 (日) [長年日記]

[雑記]某氏と投資家ランチしてからドブ川ビール

翌7/9(月)に東京出張の予定があり、「会社の交通費で行くついでに、懐かしい面々に会っておくか~」と思い立ち、前入りして宿泊費だけ自分で出す計画で東京入りした。

結局、翌日の会議は、平成30年7月豪雨の影響でキャンセルとなり、俺は全て自腹で東京へ行って何人かの人と会ってきただけの行程となったのだが、それはまた別の話。

投資家ランチ in 東京駅

2年ぶりくらいに、ランカー・リー氏と再開して投資家ランチした。なんか東京に行って時間が空く度に東京駅へ呼び付けている気がして、片道40分ほどかかってるらしいので申し訳ない気持ちもあるのだが余り自重していない。

2018年の6月~7月日本かぶ相場は割と終わっていること、特に新興市場が厳しいこと、しかしながら氏は少し前に資産の何割かをREITに割り振ったため余り大きく被弾していないこと、ただしマルコだけは含み損が激しいことなどを聞いた。俺は相変わらず気絶投資なのだが「市況が悪くなると気絶しますよね」と厳しい指摘を受けたのだった。

投資以外の話題では、Inoreader課金勢であること、Steamでちょっと懐かしいテイストのゲームばかり買って積んでいること、南知多ビーチランドへ行こうとしていること、Amazon Mastercardゴールドカードは自動ポインヨ充当のお陰で運用が楽であることなどを聞いた。あと食べるのが遅いことを気にしている風であった。たしかに俺よりも食べるのが遅いのは相当遅いと思うと伝えた(俺はビールを飲むのは早いが食べるのは遅い方)。

「この後で天さん(天ぷらさんではない)と会うので、『あまり不謹慎なつぶやきをするな』と伝えます」と言って東京駅で別れたのだった。

ラジ館

秋葉原駅で、ユーキさん(ビールクズ仮面)、天さん(天ぷらさんではない)と合流した。出口が反対側だったので、改札を通り抜けようとしたらSuicaから通行料を徴収されてしまい、アキバ素人であることがバレてしまった。

この日の秋葉原はホコ天が実施されていた。開放感は抜群だが、「加藤が突っ込んできたら助からないなー」という感想を持った。あと、2018年現在の日本では、あちこちで中国人観光客を見かけるけれども、ここ秋葉原では一段と多い印象があった。中華系の会話がよく耳に入った。

飲み会を予定している18時まで間があったので、好きな作品シュタゲでよく見たラジ館(秋葉原ラジオ会館)へ行った。実は建て直されて近代的なビルになっているらしい。ビリビリ動画のスペースがあって、ここでも中華資本の進出を実感したのと、クシャトリヤとサイコ・ザクのガンプラがかっこ良かった。

【写真】地上から見上げたラジ館

常陸野ブルーイング・ラボ神田万世橋店

夜はユーキさんに予約してもらい、常陸野ネストビールのオフィシャルバーである常陸野ブルーイング・ラボ神田万世橋店に行った。天ぷらさんという人が、Twitter上でたびたび「ドブ川ビール」と称して行っているのが羨ましかったので、今回初めて行けて良かった。

常陸野ネストはどちらかというと海外でウケてるクラフトビールのためか、店内は欧米系の人が多かった。川べりのテラス席から店のカウンターまで開け放たれており、抜群に開放感はあるものの、羽虫が常に飛んでいて、なるほどドブ川ロケーションだな、などと思ったのだった。

飲み放題5,000円のコースでは、すべてのタップが飲み放題対象で、

  • ホワイトエール
  • ラガー
  • ペールエール
  • アンバーエール
  • ヴァイツェン

といった、定番ビールに加えて、

  • だいだいエール
  • エキストラハイ
  • ニッポニア

などの、高アルコールで、あまり流通していない希少ビールも飲めて大満足であった。ただ、何だかんだ言って、ホワイトエール、ラガー、アンバー、ヴァイツェンといった、ふるさと納税でもよく貰っているベーシックな商品ラインの方が、好みだなぁとも再実感した。チェイサーはビール仕込みに使っている炭酸水だとかで、酒造らしさがあって良かった。

【写真】常陸野ネストビール

コンフォートホテル東京東神田

泊まったホテルは、秋葉原駅から歩いて10-15分ほどの場所にある、コンフォートホテル東京東神田というビジネスホテルであった。ちょうど株主優待の割引券3,000円分を持っていて、使えるうちに使ってみようという腹づもりで予約した。これが相当に良いホテルで、大当たりだった。

ホテル自体が真新しく、部屋もそれなりに広いし、客室のコンセント数やUSBポート数も多くて、フロントでスマートフォン充電ケーブルも貸してくれた。今回の出張ではモバイルバッテリーしか持ってきていなかったので、これは本当に助かった。部屋のWi-Fiもこの手のホテルにしては珍しく、まともに使える速度であった。

また、浴室のシャワーヘッドも水勢の調整がやり易いタイプだったし、翌朝の朝食もかなり満足の行く内容(この日はチキンライスとスクランブルエッグがメインであった。日替わりらしい)であった。朝食付き6,000円は破格である。今回は優待割引券を使ったので、1泊3,000円であった。割引券無くても使いたくなるホテルチェーンだなぁと感じた。日本全国それなりに展開してるみたいで、かなりおすすめです。


2018-07-10 (火) [長年日記]

[投資]株式会社サンリオの株主優待が届きました(1年ぶり4回目)

株式を塩漬け保有中である株式会社サンリオから2018年3月分の株主優待が届きました。

優待内容

減配だけでもひどいのに、ファン株主の多いサンリオにとって致命的とも言える、株主優待の改悪も実施され、以下の内容で届きました。

  • ピューロランド/ハーモニーランド共通優待券x6枚
  • サンリオショップ株主優待券1,000円分

個人的には、処分するモノが減るから、優待は別に廃止でも構わないのですが、配当金は速やかに元の水準まで戻ることを期待します。

【写真】サンリオの2018年3月優待

サンリオの株価

同族経営を脱して、グローバルカンパニーとして成長し、株価10,000円を目指して欲しいと思います。


2018-07-14 (土) [長年日記]

[投資]株式会社ゲームカード・ジョイコホールディングスの株主優待が届きました

株式を500株保有している株式会社ゲームカード・ジョイコホールディングスの株主優待が届きました。

優待内容

500株以上保有の株主は、保有時期に応じてカタログギフトの内容が増額される優待になっています。

  • 1年未満
    • 3,000円相当
  • 1年以上3年未満
    • 4,000円相当
  • 3年以上
    • 5,000円相当

私は保有期間「1年未満」に該当するため、3,000円相当のカタログギフトが届き、その中からヱビスビールの詰め合わせを選択しました。

【写真】ヱビスビール詰め合わせ

GCジョイコの株価

長期保有目的で買ったため、あまり頻繁に株価をチェックしてないですが、おそらく私が買った時の株価から横ばいだと思われます。

顕著な業績拡大を期待して買った銘柄ではなく、株価ヨコヨコで推移して長く配当と優待が続いてくれればありがたいです。


最近のツッコミ

  1. 雷悶 (2018-06-24(日)22:47)「オフィスで使うなら静音赤軸になるけど自室なら青軸もアリっしょ~」
  2. HHKBユーザー (2018-06-24(日)22:01)「静音赤軸 (ピンク軸) 一択っしょ〜」
  3. 浦東空港 (2018-06-02(土)08:21)「fortythreeっていうイメージしかない」

参号館  の中の  日記(ariyasacca)

トップ 最新 追記