ariyasacca

カテゴリ一覧

Biz | SF | Software | tDiary | Web | ゲーム | サバティカル | スポーツ | ミステリ | メタル | 健康 | 投資 | 携帯 | 時事ネタ | 死生観 | 資格 | 雑記
2004|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|

2019-03-16 (土) [長年日記]

[雑記]『管理ゼロで成果はあがる~「見直す・なくす・やめる」で組織を変えよう』

「上司なし・決裁なし」「経費は承認なく使える」「休暇は取り放題」「給与は一律、賞与は山分け、評価制度なし」「売上目標やノルマはなし」「働く時間も場所も縛りなし」「副業OK」ルールや数字に囚われずに成果を出し続ける秘密を全公開!

面白そうなタイトルと思って買ってみて、巻末の著者紹介を見たところ、長年ブログのRSSフィードを購読している株式会社ソニックガーデン 代表 倉貫義人のブログの中の人が執筆したものだった。

逆に言うと、本書は上記の社長ブログで書かれている考察記事を体系的にまとめた1冊と言い換えることもできて、ブログ購読者にとっては新しい発見は少ないかも知れない。僕自身も、「あれ、この主張はどこかで読んだな」と感じる章が多々あった。件のブログを知らない、IT業界で働く人にっとては、型破りな経営だがそこに至るまでの過程も存分に書いてあって面白く読めると思う。

以下は読書メモや読後の感想です。

  • 情報をオープンにする事の重要性と、それに伴って決裁をなくした話が印象に残った。
    • 経費精算を大小問わず全て社内公開しちゃえば、そもそも悪いことに会社のお金を使う人は居ないでしょという考え方。
    • ここだけ読むと「そんな性善説で大丈夫なの?」という疑問を当然持つのだが、後に続く採用の章で、最初は性悪説で臨んで「この人なら仲間になってもらって大丈夫」となったら信頼するという考えを読んで腑に落ちた。
  • 読み終わってからソニックガーデン社のウェブページを見たら社員全員のプロフィールが公開されていて、この透明性は本当にすごいなと感心した。
    • 辿って行ける情報の中にあったgithub.com/SonicGardenも少し眺めてみて、正直それほど技術的にとがった会社という印象は持たなかった。いち読者のくせに失礼な物言いだけど……(僕のキャリアにほとんどRuby開発が無いからそう感じたのかも知れないし、受託という形態ゆえに外に出せる技術に制限があるのかも知れない)。
  • 社長ラジオや社長ブログといった手段で社内外に発信するやり方は良いなと思ったし、こういう人が経営のトップだと楽しそう。
    • 日本でもPodcastが流行ってきてるし、メールやチャットなどの手段と比べてもクソリプの割り込みづらい「生音声」による情報発信は、企業でももっと活用されて良いと思う。
  • 上下のある組織でなくフラットな組織では、ホウレンソウ(報告・連絡・相談)よりもザッソウ(雑談・相談)が大事という主張も印象に残った。
    • 僕は結局のところコミュニケーションは総量なところがあると思ってて、たしかに普段から雑談できるような関係性の方が、相談も細かい粒度でできるよな~と頷く部分があった。
  • ソニックガーデン社が「すりあわせ」に使っているYWTメソッドは、1on1などの場でも使えそう。
    • 「やったこと」「わかったこと」「次にやること」の頭文字。KPTばかりだと形骸化しちゃうので、たまにこっちを採り入れるのも良いね。
  • 1人を採用するのに1年から1年半ほどの時間をかけるというやり方が1番目から鱗が落ちる思いだった。
    • 副業で一緒に働いてもらいながら、カルチャーフィットする人材か探るというのは、なるほどなぁと本当に感心した。
  • 「言うても35人ほどの組織サイズだから管理職ゼロが実現できるんでしょ~」という読者の疑問は当然あるし、僕も読んでて結局そこに行き着く。
    • 想定問答として、きちんと「拡大を目指していないし、無理な受注もしない」という回答が書かれている。
    • 上記の回答に納得できるか否かは別にして、こういうやり方ってどれくらいまでスケール可能なのかな、というのは単純な興味としてある。

数時間でサクッと読めるページ数ですが、情報の密度は高くて面白い本です。

SIerで悩んでる人が読んでも、階層型組織を爽快にぶった斬ってるくだりは爽快に楽しめるのではないでしょうか。

管理ゼロで成果はあがる~「見直す・なくす・やめる」で組織を変えよう(倉貫 義人)


2019-03-09 (土) [長年日記]

[雑記]バロンチェアのアームレストがボロボロになってしまい交換した

ボロボロになったアームレスト

およそ1年前に中古品を購入したバロンチェアのアームレストが、表面ボロボロになってしまった。元々アームレスト部分は美品と言えない状態だったのだが、「中古だしこんなもんでしょ」と割り切って使っていた。

ただ、さすがに表面がボロボロに割れてきてしまい、テープでも貼っておかないと怪我しそうだし、2019年も定期的に開催されているAmazonのタイムセール祭り&ポイントアップキャンペーンで「買ってやれ!」と宅飲みしながらポチった。酔った勢いで買い物する癖をやめたい。

【写真】ボロボロになった状態のアームレスト

買ったもの:アームレスト交換品

最初に買ったのはオカムラ純正品のアームレスト。位置付けとしては交換品というよりは、アームレスト無しモデルに後付けするオプションパーツ品のようだ。

仕上がりや色によって値段が変動するようで、僕は安いシルバーのブラックフレームを選択した。

オカムラ バロン オプションパーツ 可動肘 シルバー ブラックフレーム CP529Y-G721

買ったもの:六角レンチ

注意点として6mmサイズの六角レンチが必要で、尚且つ細くて長いタイプでないと回すのが困難である。僕が所有してる先端交換タイプのドライバーと6mm六角レンチの組み合わせでは、バロンのアームレストを固定しているところまで届かなかった。

ということで、Amazonで検索して安かったL型の六角レンチの9本組セットを追加注文した。これの形状は今回の交換用途にピッタリであった。

L型 ロング 六角棒レンチ セット[9本組] ボールレンチ

交換作業

交換作業がまた、思いの外に面倒であった。

L型の六角レンチで少しずつネジを緩めるのが大変であることと、さらにネジを外してもパーツが完全に噛みついてしまっていて、取り外せないのであった。

困り果ててネットの海を漁った末に出てきたオカムラの家具販売店の店長ブログを参考に、トンカチで左右からコンコンと地道に叩いて、ようやく取り外せた。記事ではゴムハンマーが勧められていたが、僕は手持ちの鉄製で叩いて作業を行った。

交換後

アームレストの素材が変わったのか、交換後は肘置き部分が低反発クッションのようになっていて想像以上に快適です。酔った勢いでポチって正解だったな~ o(^▽^)o

しかしサバティカル期間中の日記を読み返すとつらい気持ちになるな……。また3ヶ月休みてぇ……。

【写真】アームレスト交換後のバロンチェア


2019-03-02 (土) [長年日記]

[投資]サムティ株式会社の株主優待が届きました(1年ぶり5回目)

株式を保有しているサムティ株式会社から株主優待が届きました。

2018年に実施されたライツ・オファリングも行使したので、何だかんだで600株の大口になってしまった。

優待内容

私は「300株以上」の株主に該当するため、サムティが保有するホテルの無料宿泊券が貰えました。

  • センターホテル東京の無料宿泊券1枚
  • センターホテル大阪の無料宿泊券1枚

2018年は、センターホテル東京に泊まろうとしたら、ちょうど改装工事で部屋が全然空いてないと言われ、結局1枚も使えなかった点が心残り。今年は使って行きたいです。

【写真】サムティの無料宿泊券

サムティの株価

長期保有株主でもあり、株式分割や新株発行が繰り返された結果、もはや「上がってんの~? 下がってんの~?」という状態です。

オンライン証券口座のポートフォリオで詳細を確認すると、ライツ・オファリングで取得した分も、購入時比で20%以上は上昇しているようで、ひとまず良かったです。

あと配当金が異様に手厚いところが正直ありがたい。まだ銀行預金で消耗してるの?

[投資]株式会社グリーンズの株主優待が届きました(1年ぶり2回目)

株式を現物保有している、株式会社グリーンズから株主優待が届きました。

優待内容

前年度に引き続き、自社ホテル宿泊時に使える金券3,000円分が貰えました。

ここの保有する「コンフォートホテル」には、昨年2018年にドブ川ビールに行った時に実際泊まってみて異常に満足度が高かったため、下落局面で何度かに分けて株を買い増してます。今回は「200株以上」で金券3,000円分でしたが次回は「500株以上」に相当して金券8,000円分貰えるはずなので、気長に保有を続けたい意向です。

【写真】グリーンズの優待

グリーンズの株価

業績は好調ですが、米中貿易戦争やら何やらで全体相場が芳しくない影響で、株価のパフォーマンスは昨年よりも悪くなっています。

成長企業ですし、三重県四日市市と東海地方の企業でもあるため、応援と期待を込めて長期保有して行きたいです。


2019-03-01 (金) [長年日記]

[雑記]『入門 監視 モダンなモニタリングのためのデザインパターン』

雰囲気で監視をやっている勢という自覚があってオライリーの『入門 監視 』を購入して読んでみた。

原著は『Practical Monitoring』とのことで、邦題に「入門」となったのは違和感を持って読み始めたが、最後まで読んでみると、たしかにこれは入門と訳すのが適しているのかなと得心がいった。

雑感

  • 著者の言い回しにエスプリが効いており、自然な翻訳のお陰でクスっとしながら読める。最初の謝辞からして、他の本には無い面白さに満ちている。
  • Nagiosで監視の世界に入門したとされる著者が、本書での全般的な主張がNagios絶対滅ぼすマンである辺り、深い闇を感じる。
  • どんな視点で可視化・監視するかという解説に、自動車の例えがちょくちょく挿入される。
  • 「イマドキなツールをあれこれ組み合わせるよりも、まずはSaaSの導入で十分」という指針も、入門書として正しいものだと思う。
  • 監視はまずユーザー視点で始めようという主張に納得感がある。HTTP GETで200ステータスが返っているか、何となく慣例としてやってる行為にきちんと説明が付くので頭の整理によい。
  • 大規模にクラスタを組んで負荷をかけるツール(ex: Gatling)などで指標として出してくれる「パーセンタイル」は肌感覚で見ていたが、本書を読んでどういう時に使うべき指標かよく理解できた。
  • Spring BootやFlaskといったWebアプリケーションフレームワークでサクッと「/status」「/health」といったヘルスチェック用のエンドポイントをルーティングしてDBから値を取得するやり方も、これまで慣例でやっていたが、本書で「healthエンドポイントパターン」と命名されていた。名前が付くと他のエンジニアとやり取りする際の共通認識が取れるのでよい。これからは積極的にこの名前を使って行きたい。
  • ネットワーク監視の章が他の章と違って自分には全然理解が追い付かなくて、あらためて自分にとっての苦手分野というか専門領域外なんだなと実感した。SNMP絶対使いたくないマンである著者の主張も、自分の知識と経験が足りず、「へぇそうなんだ。大変だなぁ」という感想しか持てないのだった。もっと勉強しなければ。
  • 邦訳版の付録として最後に付いてくる「実践 監視 SaaS」が非常に素晴らしい内容で、「運用をサービスに合わせる」「監視を育てる」といった、SaaS導入で大事な視点がコンパクトにまとまっている。

総評として、雰囲気で監視をやっている勢の人は読むと気付きが多く得られる本になっています。オンコール(電話対応)のつらさを緩和するやり方なんかも書かれていて身に染みます。

オライリーの書籍としては、厚さもそれほどでなく、サクサク読めます。

入門 監視 ―モダンなモニタリングのためのデザインパターン(Mike Julian/松浦 隼人)


2019-02-22 (金) [長年日記]

[メタル]Ne Obliviscaris JAPAN TOUR 2019の名古屋公演を見てきて今回こそ生で拝めた

オーストラリアのエクストリーム/プログレッシヴなブラックメタルバンドNe Obliviscarisの来日ツアー名古屋公演を見てきた。このバンドの事はかなり好きで、以前2013年の初来日ツアーも行ったものの、メインアクトまでに出てくるバンドが多過ぎて最悪な気持ちで帰ることになっていた。今回はプロモーターも違うし、他の出演バンドも豪華なので、行ってみようという気持ちになりチケット確保した。

チケットは前売り6,000円 + 当日ドリンク代600円。会場はこの手のデス/ブラック系バンドのツアーでよく使われる今池のCLUB3STARである。会場がよく分からない雑居ビルの一角でないだけでも今回は信用できる。

【写真】3STARの入り口

Death Rattle

1組目はアメリカのDeath Rattleというバンド。僕は正直このバンドの事は知らなかったし、物販コーナーではCDを無料配布していた。

演奏された曲はオールドスクールなグルーヴ重視のデスメタルといった感じであった。持ち時間は30分ほどで終了。

【写真】Death Rattleのステージ

Wolfheart

2組目に登場したのはフィンランドのメロデスバンドWolfheart、このバンドはCDも何枚か持っていて、今回一緒に見られるのは嬉しい。

元Before the Dawnの人が結成したメロデスバンドということで、やっている音楽もBefore the DawnやInsomniumといった同郷のバンドに近しい、泣きメロの入ったメロデスであった。時々ヴァイキングメタルのようなフレーズも混じるところが良い。

持ち時間も思ったよりあって、45分ほど演奏して出番終了となった。

【写真】Wolfheartのステージ

Ne Obliviscaris

念願叶って、ようやく生演奏を見る事ができたNe Obliviscarisは、非常に圧巻のステージであった。最初は80人前後だった客入りも、メインアクトであるNe Obliviscarisの出番になると、仕事終わりの人達も続々と流入し、120人ほどで心地よい埋まり具合になっていた。

このバンドは長尺の曲が多く、Voもグロウルとクリーンの2人体制という点も特徴的なのだけど、そのどちらもビックリするほど巧い! グロウルはAlcestのネージュを彷彿とさせる地獄の底から湧いてくるような迫力があるし、それ以上にクリーン声とヴァイオリンを担当していたティムがステージ上で目立っていた。歌も凄まじい巧さな上に、ヴァイオリンもMCもこなして、本当にマルチな才能を感じさせる人物であった。

ベースやドラムといったリズム隊もタイトかつウネウネとしていて、よくこんな長い曲を演奏できるなぁと感心してしまった。フロアからはドラムセットが奥まっていて、他のメンバーが前をウロウロするため鬼のような叩きっぷりが余り見えなかった点だけ残念だった。

いやぁ、しかし凄いバンドですね。前回のトラウマがあって見に行こうか少し迷ったのだけど、行って大正解でした。

【写真】Ne Obliviscarisのステージ


2019-02-20 (水) [長年日記]

[メタル]Refuge JAPAN TOUR 2019 Special Guest: Tri State Cornerの名古屋公演を見てきた

ジャーマンメタルバンドRageの1990年代メンバーによる同窓会バンドRefugeの来日ツアー名古屋公演を見てきた。

同窓会バンドの筈なのにRefuge名義で2018年に新作アルバムを出してしまい、かなり混乱を招いている気がする。知名度の点でも本家Rageと比べてあまり知られていないため、集客に関して非常に心配だったが、やはり寂しい客入りであった……。そもそも2019年2月はHR/HMシーンは来日ラッシュで他に埋もれがちなんだよなぁ。

会場はボトムライン

会場は前回2016年と同じく、名古屋・今池の老舗クラブハウスであるボトムライン。チケット代は前売り8,500円と強気な価格で、チケット購入が出遅れたにも関わらず整理番号が異常に若かったため嫌な予感を抱きつつ入ってみたら、70-80人ほどしかフロアには入っていないのだった。

もっと狭いライブハウスにしておけば、こんなスカスカ感は出なかったと思うのだが、やはりキャリアの長いベテランであるが故に、それなりの格を持った会場にしないといけなかったのかな。正直これはプロモーターの失敗だと思うわ。

Tri State Corner

今回のツアーに前座として帯同したのは、本家Rageでドラムを叩いているラッキーがボーカリストを務めるTri State Cornerというバンド。ギリシャの民族楽器ブズーキを大々的にフィーチャーしたハードロックをやっている。

一応CDを予習に2枚買ってから今回のライブに臨んでいるものの、登場したメンバーは思ったよりもキャリアが長そうな風貌であった。ギターもブズーキもステージ上を動き回って、かなりライブにも慣れている印象を持った。

ドラムは後続して登場するRefugeと同様にクリスが叩いていて、これはクリスがラッキーのドラムの先生だからなんだそうだ。ラッキーは本職がドラムという事もあって、ボーカルパートが無い間はクリスに近付いてエアドラムするシーンが何度もあった。

持ち時間も45分ほどあって、フロアがスカスカでもメンバー皆ニコニコしていて、とても好感の持てる演奏だった。

Refuge

セット・チェンジに15分ほどと非常に短い時間でRefugeが登場。やはり3ピースバンドだとサウンドチェックも早いのだろうか。

ピーヴィ + マンニ + クリスの黄金期メンバーの呼吸はピッタリ、と言いたいところだが、曲の終わりで演奏を止めるパートは、クリスとピーヴィが目線で何度も合図していて、普段それほど顔を合わせる機会も無いからなのかなと微笑ましい光景であった。

新作アルバムを作っていた事もあってセットリストがどうなるか心配だったものの、新作からは4~5曲、他は90年代Rageを代表するアルバム「Trapped!」「The Missing Link」からの曲を中心に据えた強力な布陣だった。マンニ時代の曲は単音リフに細かくチョーキング入れてて、本当に独特で変な曲が多く中毒性がある。

アンコールでは、バンド名にもなった名曲「Refuge」で〆て、大満足のセットリストであった。しかし興行としては大失敗だったので、もう次の来日ツアーは実現できんかも知れんなぁ。なんか大阪公演の梅田クラブクアトロもスカスカだったと聞いているぞ。

【写真】Rafegeのステージ


2019-02-18 (月) [長年日記]

[雑記]『ITエンジニアの英語術 最強の教科書』

本の帯に「中学英語の復習はいらない。本当に必要なのは『5秒でチャットする力!』」とアオリが書かれており、「おっ、5秒で英語クソリプする技術が身に付くのか~」と興味を持って買ってみた。

著者は米マイクロソフトでAI系のシニアプロジェクトマネージャーをしているらしく、いわゆる「現場で使える英語」に絞って書かれた本という印象を持った。

  • 本の中身がチャットの会話窓っぽいレイアウトになっている点が凝っている。
  • 会話の例文は本当にITの現場っぽいやり取りが多く、確かにソフトウェアエンジニア向けの内容になっている。
  • 長文は要らないから、とにかく短文に区切って投稿すべし。これならできそう。
  • とにかく省略できる主語は略してしまうこと。たしかに日本のチャットでもハイコンテクストなクソリプchannelになってくると、あらゆる単語が消失しがちである。
  • AIスピーカーに連続で質問を話しかけて、Wikipediaや公式サイトを読み上げてもらって質問力を向上しようといった内容が、いかにも2018年に執筆された本といった感じで、目から鱗であった。

文法的に正しい英文と、チャットらしくカジュアルに省略した英文と並んでいるところが、なかなか楽しく読めた。

内容はかなり割り切った削ぎ落し方がしてあって、200ページちょっとあるのだが、集中して読めば本当に2-3時間程度で読めてしまうと思われる。

ITエンジニアの英語術 最強の教科書(板垣 政樹)


最近のツッコミ

  1. 雷悶 (2019-01-06(日)09:46)「時代はProっしょ~」
  2. ランカー (2019-01-06(日)08:20)「俺たちのiPad Air 2〜」
  3. 雷悶 (2018-11-10(土)00:10)「Pixel 3高いっす…。」

参号館  の中の  日記(ariyasacca)

トップ 追記