ariyasacca

カテゴリ一覧

Biz | SF | Software | tDiary | Web | ゲーム | サバティカル | スポーツ | ミステリ | メタル | 健康 | 投資 | 携帯 | 時事ネタ | 死生観 | 資格 | 雑記
2004|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2014-09-04 (木) [長年日記]

[メタル]Edguy / Unisonic JAPAN TOUR 2014の名古屋公演を見てきた

ヨーロッパでは押しも押されぬ人気となったメロディックパワーメタルの雄Edguyと、そのEdguyに多大な影響を与えたHelloweenの元メンバーであるカイとキスクを中心とするUnisonicのダブルヘッドライナー来日ツアーを見てきた。

それなりに豪華な組み合わせとは言ってもチケット前売り9,000円もするので、若干迷ったが……。

会場は今池にある名古屋ボトムライン。スタンディングでキャパ750-800名のうち7割は埋まっていたと感じたので、平日だけどなかなか盛況だったみたい。自分は会社帰りの開場直前に着いたのだけど、メタルTシャツ着てる人がかなり多いと感じた。皆どこで着替えてんの。

Edguy

  • なんと来日ツアーは10年以上振り。
    • 俺は幸運にも前回の来日も見ているのだった。エッヘン。
    • バンドの中心メンバーであるボーカリストのトビアスは、サイドプロジェクト「TOBIAS SAMMET'S AVANTASIA」で何度か来日していたけど、あれは東京でしかライブやってくれないし。
  • 演奏はすっかり円熟味があって、ドイツのベテランバンドらしく、メンバーが揃ってバンギングしながら演奏したりと連携ばっちり。トビアスも上機嫌で長いMCや客席とのやり取りを披露。
  • セットリストは2014年の新作中心ながら、東京2日間の公演では演奏されなかった初期の大名曲Fairytaleがサプライズ演奏されるなど憎い選曲。アンコールでもこれまた初期の代表曲Babylonが披露され、大いに盛り上がった。
  • ドイツ本国やヨーロッパでは明らかにEdguyの方が知名度も人気もあるんだろうけど、ここ日本でのUnisonic待ち望まれっぷりを読んでか、あくまで前座に徹して彼らをリスペクトするMCしている辺り、プロだなぁと感心した。

Unisonic

  • 「Helloweenさしさ」の感じられるスピードメタル曲Your Time Has Comeから始まる自信作2ndアルバムを引っ提げて2回目の来日公演。
    • 全体的な印象は2012年の来日公演時と余り変化無し。今回はデニス・ワードが前面に出たりと、メンバー間の結束は強まったように見えたかな?
  • 注目のキスクは、前回よりは自然体で振る舞っているように見えるものの、やはり高音は少し苦しそうだし、声量も元々多い方ではないため、今年にPrimal Fearラルフの超絶ハイトーンを生で見てしまった後では、やはりインパクトが……。
  • 一方でカイは今回も純粋にギタリストとしてライブを楽しんでいた印象。何だかんだで1番目立っていたように見えた。
  • HelloweenクラシックナンバーからはMarch Of TimeとI Want Outを披露。I Want OutはGamma Rayでもやってるし、正直もう良いかなと。

全体として楽しめたのだけど、もうちょっとEdguyを長く見たかったかなというライブだった。


2014-09-05 (金) [長年日記]

[雑記][健康]健康診断結果@2014

すっかり胃部X線検査に慣れて来たというか、バリウム腹いっぱいに飲んでもゲップせずにあらゆる角度での撮影に応じられるようになってしまった。全然嬉しくない。

体重と腹囲ちょっと増えているんだが大丈夫か?

オフィスグリコの誘惑に打ち克つにはどうすれば良いんだ。

身長
168.8cm
体重
61.9kg
血圧
78-114
腹囲
75.6cm

体重履歴


2014-09-20 (土) [長年日記]

[雑記]2泊3日で四国観光に行ってきた

2014-09-20(土)から2014-09-22(月)までの3日間、四国へ観光に行ってきた。月曜日は年休を取得した。

行ったところ

珍しく旅行代理店の添乗員・ガイドが随行するタイプのツアーに申し込んだ(いつもは大体は気楽なフリープランを選ぶ)。

内容が四国のゴールデンテンプレートツアーといった感じでかなり忙しかった。新幹線での移動に加えて、バスだけで1,000km近く移動してぐったりした。

  1. 2014-09-20(土)1日目
    1. 名古屋駅から新大阪駅まで新幹線で移動
    2. 新大阪駅からバスで明石海峡大橋を渡って徳島県へ
    3. 大歩危・かずら橋を見学
    4. バスで高知県まで行って土佐に宿泊
  2. 2014-09-21(日)2日目
    1. 桂浜を見学
    2. 四万十川にある沈下橋を見学・屋形船で昼食
    3. バスで愛媛県まで行って道後温泉に宿泊
  3. 2014-09-22(月)3日目
    1. 松山城を見学
    2. バスで香川県まで行って金刀比羅宮を見学
    3. 瀬戸大橋タワーを見学
    4. バスで岡山駅まで行って新幹線で名古屋駅まで移動・解散

詰め込みすぎだろ……。

ツアー基本料金は39,800円で、オプションとして松山城見学を付けて+2,000円くらいだった気がする。参加者はシニアしか居ないぞ!

明石海峡大橋から徳島県入り

新大阪駅の観光バスターミナルから高速に乗って徳島県を目指す。

天気は良くも悪くもないといった具合だったが、潮の関係で鳴門の渦潮が見られなかったのが残念だった。駆け足の弾丸ツアーなので仕方ないが渦潮は正直かなり見てみたかった。

【写真】鳴門公園から明石海峡大橋を臨む。

大歩危・かずら橋

徳島県の山奥にあるかずら橋は団体料金450円くらいで渡ることができた。この橋は容赦なく揺れてかなり楽しかった。撮影用に取り出したスマートフォンを落っことしたら確実におじゃんというスリルがあった。

大歩危峡も非常にダイナミックな渓谷が美しく、時間があればじっくり渓流下りなどを楽しみたいスポットだった。

しかし弾丸ツアーのため、橋を渡ったらさっさとバスに戻って宿泊地の土佐までどんどん移動しなければならないのだった。

【写真】秘境かずら橋

桂浜

2日目も8:00前に宿をチェックアウトしてバスで桂浜へ。忙しい。

龍馬像の前で「ウェーイwww」って集合写真を撮影して、かなり団体ツアーっぽい経験をする。写真は高いので買わない。

静かな砂浜はなかなか良いところであるが、海の前に済んでいる自分としてはそんなに珍しい景色でもなかった。

そして例によって散策時間も短く切り上げて、バスで移動する。高知の海岸線には墓地とラブホばかり在ったことが強く印象に残った。

【写真】桂浜の龍馬像

四万十川

四万十川では屋形船に乗って、昼食を摂りながら地元の漁法を見学するなどした。

穏やかな清流で良いところだった。普通に旅行として来ていたら半日くらい滞在できるスポットではなかろうか。

ゆったりする暇も無く、2日目の宿泊地である道後温泉がある愛媛県を目指すのだった。

【写真】四万十川で乗船した屋形船

道後温泉

2日目の夜~翌朝にかけて道後温泉エリアに滞在した。道後温泉というか松山市全般に言えるが、観光施設の人が良く坊っちゃんとマドンナのコスプレ(?)をしている。ハイカラな女性の姿が太正桜に浪漫の嵐であり、グッと来る。

道後温泉本館は夜に見たところ激混みであり、どう考えても芋洗い状態であると容易に想像できたので、翌朝に開く時刻と一緒に入ってきた。中は街の共同浴場といった趣(というか実際そうなのだけど)だった。

道後温泉商店街や道後温泉駅周辺も歩いていて楽しいところだった。普通に3日間くらいこのエリアで滞在すべきである。道後麦酒館に行きたかったが開店時間に合わず泣く泣く断念した。

【写真】夜の道後温泉本館

松山城

オプショナルツアーとして松山城見学にも申し込んだため、3日目も8:00に宿をチェックアウトしてバスで出発する。眠い。

松山城は石垣がやたらと立派で、想像していたよりもずっと凄い城だった。登りはロープウェイ、降りるのにはリフトを使った。乗り場の係員さんもハイカラなコスプレ(?)だった。松山はどこもこんな感じだろうか。

天守からの眺望も抜群で、松山市って都会だなと感じた。

【写真】松山城の石垣

金刀比羅宮

オプショナルツアーに申し込まなかった人達をバスが拾って、香川県へ。

現地ガイドの人に案内してもらいながら、こんぴらさんこと金刀比羅宮の本堂を目指す。800だか900だかの石段を登る羽目になり、なかなか疲れた。

帰り道は石段でなく坂になっている裏道から降りた。この辺は現地ガイドの人が居ると心強いなと思った。何度か行っている熊野古道でもケチらずに現地ガイドを申し込むと楽なルートを教えてもらえるのだろうか。

【写真】こんぴらさんの鳥居

瀬戸大橋から岡山県入り

四国に名残り惜しむ間も無く、岡山県へ向かうことに。

瀬戸大橋を渡る前に瀬戸大橋タワーというところへ案内され、瀬戸内海を一望できた。ナガシマスパーランドからなばなの里に移設された展望タワーを思い出した。

岡山県に入った直後にバスの窓からは鷲羽山ハイランドが見えて、「世界一怖いスカイサイクル乗りてぇ……」って考えてた。

【写真】瀬戸大橋タワー

まとめ

いつサービス終了するか分からないロケタッチの都道府県シールずかん的には効率良くシールを集められる(6枚獲得した)旅であったが、こういう移動ばかりで忙しい観光は余り誉められたものではないなぁと実感した。個々の観光スポットが印象に残らないんだよね。基本的に乗り物酔いはしない体質ではあるけども、長時間のバス移動ばかりというのもなぁ。

自分で何も考えなくても有名どころに連れて行ってもらえるとは言え、さすがに今回は思考停止過ぎたかも知れませんね……。


2014-09-26 (金) [長年日記]

[雑記]なやばし夜イチのビール祭り行った

名古屋の堀川(大阪で言うところの道頓堀)沿いの納屋橋で月1回開催されるイベント「なやばし夜イチ」のビール回であるビール祭りに行った。出店しているのは地元マイクロブルワリーが中心だが、伊勢や新潟のクラフトビールもあった。

このイベントへは今回初めて行ったのだけど、他には日本酒回などがあるようだ。

日が暮れる前の17:00頃に着いた感じでは、人もまばらで、活気の無いイベントなのかなと思ったものの、夜になると人でごった返して来た。早めに行って椅子とテーブルを確保出来て正解だった。

システムとしては会場で売っている1,200円4枚綴りのチケットを購入して、それぞれ自分の好きなクラフトビールと1枚1杯で交換するもの。つまり1杯300円である。安いけどプラカップに注いでの提供なので量はそれほど多くない。一緒に行った人と分け合って6杯くらい飲んだ。

金しゃちビールが出店していたのでプラチナエールとゴールデンエールをもらって、どちらも美味しかった。金しゃちビールの商品を樽生で味わえる機会は少ないので小規模なビールクズイベントには積極的に出かけたい。

夜が深まると提燈も灯って良い雰囲気になっていた。フード類の屋台も出ていて価格も安い。1人2,500円くらいで4時間近く居座れたのでお得なイベントだった。

【写真】日が暮れる前のなやばし夜イチ


2014-09-29 (月) [長年日記]

[投資]株式会社物語コーポレーションの株主優待が届きました(半年ぶり3回目)

株式会社物語コーポレーションの株主優待が届きました。

優待内容

前回と変わらず、1単元100株保有で、食事券2,500円でした。

使う店舗が周りに無いため、会社の後輩にあげてます。食事券には、株主本人が使わなければ駄目という制限がありません。株主本人以外の利用を認めないサムティ株式会社にも見習って欲しいですね。

【写真】食事券2,500円分の優待券

物語コーポレーションの株価

公募増資から時間が経って、徐々に切り上がって来たようです。とは言え、まだまだ公募増資前の上場来高値には届きません。

正直、特に思い入れのある企業でもないですが、業績が相変わらず増収と増配を予定しており、売る理由も見当たらないですね……。消費税再増税が決まったらここに限らず外食系の銘柄は手放した方が良いのかなぁ。


最近のツッコミ

  1. 雷悶 (2018-11-10(土)00:10)「Pixel 3高いっす…。」
  2. ヤスローン (2018-11-05(月)21:28)「Google Pixel 3を買おう。」
  3. ムノーン (2018-09-20(木)07:26)「デボラ様派なんだけど、少ないのか。」

参号館  の中の  日記(ariyasacca)

トップ 最新 追記