ariyasacca

カテゴリ一覧

Biz | SF | Software | tDiary | Web | ゲーム | サバティカル | スポーツ | ミステリ | メタル | 健康 | 投資 | 携帯 | 時事ネタ | 死生観 | 資格 | 雑記
2004|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|

2019-05-03 (金) [長年日記]

[雑記]オフ会で仲良くなった人たちと新潟旅行へ行って最高に楽しかった(1/2)

ちょうど3年前に朝から名古屋めし食べ歩く頭悪いやつと日記に書いた時、新潟から名古屋にやってきた、インターネットで仲良くなった人の暮らしている新潟市にも「行ってみたいね」という話が持ち上がり、「今年は改元で全員の休日が揃いそうだし行くか~?」と気持ちが盛り上がって実際に行くことになった。

空路で新潟へ

名古屋から新潟へのアクセス、陸路(自家用車や列車利用)では厳しいという結論になり、各自が最寄の空港から新潟空港を目指すこととなった。僕は普段テンプレ格安ツアーパックに付いて来る航空券でしか飛行機利用した事の無い雑魚だったため、中部国際空港から一緒に乗る人にチケット手配もやってもらった。

中部国際空港の中にある予約駐車場、初めて使ったけどもの凄く便利。というか中部国際空港そのものが日本では比較的後発に整備された空港であるため、アクセスに関しては本当によく考えられているなと利用するたびに感じるところ。

他にも神戸在住の人も居て、それぞれがちょうど新潟空港に8:30頃着で空路を確保できたので、朝から各所を回ることができた。

  • 中部国際空港(NGO)→新潟空港(KIJ)
  • 伊丹空港(ITM)→新潟空港(KIJ)

プロペラの小型機ゆえ機内はうるさかったものの、天候に恵まれて眺めは抜群に良かった。強気にハーパンおじさんスタイルで行ったところ、新潟はやや寒かった。

新潟在住の人が所有する車で送迎に来てくれて、以降の案内もすべてお任せできて、とても楽だった。やはり地方都市では車が無いと生きて行けないな。

【写真】新潟空港の入り口

バスセンターのカレー

最初は新潟のバスセンター前にある「万代そば」という立ち食いそば屋の名物カレーを食べに行った。僕はテレビ見ないおじさんであるため全く知らなかったのだが、テレビ番組で取り上げられたのを契機に、とても混むようになったそうである。

食券機を買って並び、給食カレーの上等なやつといった感じのカレーライスを食べた。美味しかった。米どころだからか、ライスも旨い。

同行してる人が大変気に入り、持ち帰り用のレトルトカレーを所望したが、いつも売り切れで、都合3回訪ねてやっとゲットできた。レトルトカレーも食券を買って行列に並ばせるのは何故なんだろう。ヤフオクとかメルカリでの転売対策なのかな。

黄色がかったバスセンターのカレー

いこい食堂のラーメン

ご当地ラーメンとして燕三条系「背脂ラーメン」というスタイルのラーメンがあるらしく、連れて行ってもらった。

僕は中油というラーメンとキリンラガー瓶ビール、あとはシェアして食べる目的で五目チャーハンも注文した。

背脂ラーメンはどうにも苦手で、スープも残してしまった。麺は極太で食べ応えがあった。太ましい麺を見ると、どうしても台湾まぜそばを食べたくなって指先が震え始めてしまうんだよな~。五目チャーハンはチャーシューがごろごろ入ってて美味しかった。

【写真】燕三条系「背脂ラーメン」

彌彦神社

続いて、地元の小中学校では社会見学や遠足の定番であるらしい彌彦(やひこ・いやひこ)神社へ行った。

改元をしたばかりだからか、参拝や御朱印の記帳を求める人でかなりごった返していた。奉納された盆栽コンテストなども開催されており、雅やかな雰囲気であった。

【写真】彌彦神社の大鳥居

新潟駅クラフトビール館

夜は飲み会がセッティングされているため、現地組はいったん自家用車を置いてきてから夕刻に再集合という話になり、遠征組は宿泊するホテルにチェックインしてから飲み会まで自由行動となった。

僕はかねてより狙いをつけていた、新潟駅構内に存在する新潟駅クラフトビール館を訪ねた。小規模なビールスタンドである店内ながら、40タップ(ただし一部は入れ替えや売り切れで注文不可)という圧巻の品揃えで、とくにIPAが多めに繋がっている点も良かった。

ハーフパイントが1杯500円で飲めてしまうため、この後どう考えてもクソ飲み大会が予想されるのに、ここで4杯も飲んでしまったのだった。

【写真】新潟駅クラフトビール館のタップリスト

憩楽房 凪

夜の1次会は、飲み放題付きのコース料理で予約を取ってもらってあった、新潟駅前の「憩楽房 凪」という懐石料理店であった。もっとウェイ系の店だと思って行ったら、カウンターで板さんが客と話しながら仕事をしている感じのシュッとした店だったため、かなりビビってしまった。なんでドリームキャストTシャツとハーパンで行ってしまったんだ俺は……と軽く後悔した。

通された座敷で出てきたコース料理は、魚も肉も鮮度が抜群であった。飲み放題メニューの生ビールがサッポロの新潟限定「風味爽快ニシテ」という時点でヤバいし、地酒もどんどん注文できてしまって本当にヤバい。新潟の地酒は、はやり辛口のものが多かった印象であった。

飲み会に参加している人が概ね僕と同世代(1970年代後半~1980年代前半生まれ)のインターネッターとあって、何を話しても面白くて本当に良かった。良さしか無かった。

会計は店を予約してくれた人が持ってくれたのだが、料理も酒もクオリティが半端なかったため、値段は怖くて調べられなかった。ありがとうございます。

【写真】凪のコース料理で出たお刺身

Rocks

「まだまだ2次会行けるっしょ~」と、完全にできあがったヘヴィメタルおじさん5人で、行きつけらしい洋楽リクエストの可能なロックバー「Rocks」へとハシゴした。

リクエストしたアイアンメイデンがかかると大合唱をはじめる迷惑おじさん集団であった。まぁ他の客もそんな感じなので、お店的には問題ないのだろう。生ビールもハイネケンやヒューガルデンホワイトが注文できて、アテに頼んだムール貝も美味しかった。

日付が変わったあたりで解散となった。凄まじく楽しい夜だった。

【写真】バーRocksの入り口


最近のツッコミ

  1. 東浦10キロマラソンの会 (2021-01-10(日)14:51)「グオー オマエノ アタマ マルカジリ。 って覚えてたら、 オレサマ オマエ マルカジリ だった..」
  2. 雷悶 (2021-01-08(金)23:06)「その人たちのことが嫌いでも、アベノミクスのことは嫌いにならないでください。」
  3. 東浦10キロマラソンの会 (2021-01-07(木)22:25)「オレ アオヒゲ ト ノダセイコ キライ」

参号館  の中の  日記(ariyasacca)

トップ «前の日記(2019-05-02 (木)) 最新 次の日記(2019-05-04 (土))» 編集