ariyasacca

カテゴリ一覧

Biz | SF | Software | tDiary | Web | ゲーム | サバティカル | スポーツ | ミステリ | メタル | 健康 | 投資 | 携帯 | 時事ネタ | 死生観 | 資格 | 雑記
2004|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|

2019-05-22 (水) [長年日記]

[メタル]実質的にBeast In Black単独公演となったSuomi Feast 2019前夜祭に行ってきた

2018年は東名阪と回ったフィンランド出身バンドのお祭り「Suomi Feast」、今回の2019年はあらかじめ東京・赤羽で新しくオープンするライブハウスで2 daysのみがアナウンスされていたが、クラウドファンディングによって「Suomi Feast 2019 EVE」いわゆる前夜祭が大阪で開催される事が決まった。

この前夜祭、今回のSuomi Feastでヘッドライナーを務めるBeast In Blackのみが出演するとあって、2018ではBeast In Blackの出番までに出演バンドの多さに疲れてしまった自分としては願ったりかなったり。

出演バンドが絞られる関係か、チケットもフェス本編よりお安い7,500円 + 当日ドリンク代600円だった。

会場は梅田Zeela

今回の会場は、初めて行った梅田Zeelaというところ。比較的新しい印象だったので、もしかして出来たばかり? 場所はいわゆる東梅田エリアで、梅田CLUB QUATTROや梅田Banana Hallなどの近く。

僕は仕事を15:00過ぎに切り上げて新幹線で大阪に移動し、ライブ会場の隣り大阪東急REIホテルに宿を取って荷物を預け、開場時間ちょうどくらいに入場した。地下にあるライブハウスゆえ携帯電話の電波は良好と言えないが、後発のハコらしく、ちゃんとWi-Fiスポットも開放されていて自由に利用できた。ドリンクチケットはキリンラガーの缶ビールと交換した。

このところ、いわゆる「メタルTシャツ」はあまり買わない僕だが、今回は前夜祭のため大阪まで来てくれたBeast In Blackに感謝の気持ちを込めて、4,000円のクソダサTシャツを購入し、その場で着替えて会場入りしたのだった。

キャパは300人弱の小さなライブハウスで、前売券が完売したとあって、ぎっしり埋まっていた。

90分近くに及ぶ充実のフルセット公演

オープニングアクトが終了し、お待ちかねのBeast In Blackは19:30を過ぎた辺りから登場。前回のSuomi Feast 2018では、まだアルバム1枚しかリリースしていないことや、複数バンド出演の中での出番だったため、持ち時間50分程度しか無かったのだけど、今回は最新作を含むアルバム2枚からほとんどの曲を組み込む充実のセットリストでした。そういえば、出番前にJudas PriestのNight Crawlerが流れなかったので、今はあの演出はやっていないのかな。

  • アントンとカスペリの、どちらもギターソロを担当できる強力ギターコンビは、今回の公演でも揃いのフォーメーションをキメたり、ソロになると前面に出て泣き泣きのチョーキングをしたりと大活躍。
    • アントンはいわゆる「ダミ声」でボーカルのパートも持ってて、CDだと気付かなかった「あ、ここはアントンが歌ってたのか」というところがライブだと発見できて、ファンとしては嬉しいところ。
    • カスペリも雇われギタリストといった印象は全く無くて、バンドの一員として楽しそうにしていた。この人も地味にめちゃくちゃ巧いよね。
    • 前回はBattle Beastを追放された形になったアントンが日本のファンの歓迎ぶりに感極まってる様子が見られたけど、今回は勝手知ったる「我が家」に帰ってきたような落ち着きぶり。
  • バンドの顔であるヤニスも、ほとんどフェイクで誤魔化すことなく、高音のスクリームを歌い切っていた。この人は高音パートももちろん凄いんだけど、中低音で聴かせる歌い方だと、より一層巧いなぁ。
    • 自身のボーカルパートが終わると舞台裏に引っ込む姿がよく見られて、やはり声色を幾つも使い分けて歌うのは、体力の消耗が大きいのかも知れない。
    • MCはフレンドリーかつ「メタルシンガー」な振る舞いをしていたけど、途中ベースのマテに「ヤニスは誕生日なんだ!」と紹介され、会場全体でハッピーバースデートゥーユーが合唱されると、めちゃめちゃ照れていた。
  • 新加入となったドラマーのアッテはとくにフィーチャーされる事もなく、最後の舞台挨拶で前に出て来てようやく顔が認識できた。
    • 全体的に、ここのライブハウスはステージが低くて、あまりドラム演奏を見ることが出来なかったところは残念。

セットリストは、本編とアンコールの区切りなく充実の全18曲という構成で、フェス形式となる東京公演よりも実質単独公演となった大阪公演の方が多く演奏されたようだ。いやー、見に来て良かったな。

ポップなシンセサイザーで聴き易いかつヘヴィメタル然とした楽曲とステージングで、日本で今後さらに人気が高まるのは確実でしょう。

次回は単独ツアーとして名古屋も回ってくれると嬉しいですね。

【写真】Beast In Blackのステージ


最近のツッコミ

  1. ウルトラマン (2019-04-18(木)19:22)「声優代節約の為やぞ」
  2. ああああ (2019-03-28(木)15:19)「バージョンは好きにしていいのか。 」
  3. 雷悶 (2019-01-06(日)09:46)「時代はProっしょ~」

参号館  の中の  日記(ariyasacca)

トップ «前の日記(2019-05-16 (木)) 最新 次の日記(2019-05-23 (木))» 編集