ariyasacca

カテゴリ一覧

Biz | SF | Software | tDiary | Web | ゲーム | サバティカル | スポーツ | ミステリ | メタル | 健康 | 投資 | 携帯 | 時事ネタ | 死生観 | 資格 | 雑記
2004|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2018-11-23 (金) [長年日記]

[雑記]2泊3日で郡上八幡と九頭竜湖に行ってきた

「おっ! また2泊3日で2,2000円の激安パッケージツアー出てるからカッとなって申し込んで行くか!」と3連休のタイミングで行ってきた。

しかし今回は計画が甘く、結論から言って完全に失敗したのだった。

郡上八幡城

名古屋からは高速バスで郡上八幡まで移動という行程であった。名鉄バスセンターなんてナガシマスパーランドに行く時くらいしか使わんから新鮮だったな。

郡上八幡、かなり小さい頃に家族旅行で深夜まで踊り狂う祭りに連れて行かれた記憶があるものの、あらためて来てみると、城下町のあちこちに水路もあるし、天守近辺の紅葉も見事なもので、なかなか良かった。

日本の城といっても、名古屋城や松本城のように外国人観光客だらけといった状況ではないようで、中国からの団体客を1つ2つ見かけた程度であった。

【写真】郡上八幡城

食品サンプル(寿司)

郡上八幡は「食品サンプルの街」として売り出しているようで、博物館、土産物屋、体験工房といった街のあちこちで食品サンプルに触れることができた。

かなり精巧なつくりで、はっきり言って面白かった。寿司の食品サンプルなんて、上手く外国人観光客を呼び込めたらバカ受けして売れそうなのに。交通の便がどうしてもハードルになるのかな~。もったいないぜ。

【写真】寿司の食品サンプル

食品サンプル(切れてしまう)

ビールの食品サンプルもあって、一番搾りのジョッキに並々と美味しそうに注がれたサンプルや、スーパードライの缶をこぼしてしまったサンプルまであった。ジョッキはともかくとして、こぼれたビールのサンプルって誰が得するんだよ……。

【写真】ビールのサンプル

九頭竜ダム観光を断念

ツアーのパッケージで押さえてくれてある宿はホテルフレアール和泉という福井県の温泉付きホテルで、露天風呂も広いし、食事も美味しいし、ホテルの人も良くしてくれた。

のだけど、場所が想定以上に山奥というか完全なる陸の孤島で、「送迎タクシーには対応してません」はさすがに予想外であった。巡回バスも日に2本くらいだし、レンタカー会社も半径10kmに無いし、どうしようもになく詰んでしまった。九頭竜ダムと夢のかけはし(瀬戸大橋プロトタイプ)を見に行きたかったのに~! 結局、周辺の観光としては、近場の牧場とワイン工場へ行ったくらいであった。

いつか自家用車でリベンジ観光するしかないですわ。失敗した失敗した失敗した~!


最近のツッコミ

  1. ウルトラマン (2019-04-18(木)19:22)「声優代節約の為やぞ」
  2. ああああ (2019-03-28(木)15:19)「バージョンは好きにしていいのか。 」
  3. 雷悶 (2019-01-06(日)09:46)「時代はProっしょ~」

参号館  の中の  日記(ariyasacca)

トップ «前の日記(2018-11-15 (木)) 最新 次の日記(2018-12-01 (土))» 編集