ariyasacca

カテゴリ一覧

Biz | SF | Software | tDiary | Web | ゲーム | サバティカル | スポーツ | ミステリ | メタル | 健康 | 投資 | 携帯 | 時事ネタ | 死生観 | 資格 | 雑記
2004|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|

2016-02-25 (木) [長年日記]

[メタル]Cain's Offering JAPAN TOUR 2016 Resurrectionの大阪公演に行ってきた

元Sonata Arcticaのギタリストであるヤニ・リマタイネンと、欧州で大人気のStratovariusメンバーであるティモ・コティペルトや イェンス・ヨハンソンらが在籍するCain's Offeringの初来日ツアーを見てきた。

Cain's Offeringはお祭り的プロジェクトのバンドという印象で、ライブがあるなんて考えても居なかったので、発表された時はびっくりした。当たり前のように名古屋は飛ばされてしまったが、本当にレアな機会(欧州も含めて初のライブ)だと思い、大阪公演のチケットを確保して遠征で見に行ってきた。

仕事をコアタイム終了までこなし、デキるビジネスマンが使うEX予約で大阪へ。この日はヨドバシ梅田で大変な事故が起きていたが、交通機関に乱れは無くて助かった。

会場の梅田クラブクアトロはアルバム2枚のキャリアしか無いバンドの初ライブとは思えないほどの客入りで、7-8割、400-500人は来ていたのではないか。

ほぼ定刻通りの19:00スタート。

  • サイドプロジェクトとは思えないほどリハでキッチリと仕上げて来た事の伝わるパフォーマンスで、見ていて嬉しくなってしまった。
  • ティモから「彼は11年ぶりに日本に来たんだ」と紹介されたヤニ・リマタイネンは、観客からの熱烈な拍手を受けて、かなり感激していた様子だった。
    • Sonata Arcticaからの脱退も、当初は兵役のためと伝えられていたけど、その実は解雇だったという話だからなぁ……。
    • ギターに関しては弾きまくり一辺倒という感じではなく、バッキングボーカルも多くこなしながらの演奏。
  • ティモ・コティペルトが生で歌うのを見るのが実は初めてだった。MCも良く喋る上にパフォーマンスも一級品で本当に驚いた。
    • 中低音も色気タップリで伸びやかに歌うし、ハイトーンでもフェイクを入れたり、客側に歌わせようとせずきちんと歌い切っていたのが、とても好印象。
    • めちゃくちゃ人気があるらしく、女性の黄色い声があちこちから聞こえていた。こんなに凄い人だったのか。
  • 鍵盤魔人と名高い イェンス・ヨハンソンも茶目っ気たっぷりな感じの人だった。今度はStratovariusのライブにも行ってみたい。
    • 音のセッティングも良好で、やはりキーボードの音色がしっかり聞こえるバランスだと、こういうメロディックな音楽では映えるなぁと。

最新作であるセカンドアルバムを中心に16曲90分のライブで、もうちょっと見たかった気持ちもあるけど、ティモがMCで「だって、俺達は2つしかアルバムが無いんだぜw」と言っていた通り、これくらいで丁度良いのかもしれない。

本編ではStratovariusのカヴァーを披露した上に、アンコールではビックリのSonata Arcticaから(しかも、ヤニが初めて曲を書いていたはずの)My Seleneを演奏! ファンサービスとしての効果も抜群で、凄く盛り上がってた。この曲がねぇ、またティモのボーカルやイェンスのキーボードがばっちりハマってて、下手したら本家より合ってるんじゃないかと。めちゃくちゃ良かった。

他のメンバーが11年ぶりの日本でのステージとなったヤニを前面に出そうとしているのが客席にも伝わって来て、感動的なライブだった。遠征してでも実に来て良かった。

願わくば、また新しいスタジオアルバムがリリースされて、Stratovariusは欧州ですっかりビッグバンドだからスケジュールの調整も大変だろうけど、Cain's Offeringとしてのツアーをやってくれると良いなぁ。今回のツアー、本当によく実現したものだ。

【写真】ヤニとティモ


最近のツッコミ

  1. ウルトラマン (2019-04-18(木)19:22)「声優代節約の為やぞ」
  2. ああああ (2019-03-28(木)15:19)「バージョンは好きにしていいのか。 」
  3. 雷悶 (2019-01-06(日)09:46)「時代はProっしょ~」

参号館  の中の  日記(ariyasacca)

トップ «前の日記(2016-02-23 (火)) 最新 次の日記(2016-02-27 (土))» 編集