ariyasacca

カテゴリ一覧

Biz | SF | Software | tDiary | Web | ゲーム | サバティカル | スポーツ | ミステリ | メタル | 健康 | 投資 | 携帯 | 時事ネタ | 死生観 | 資格 | 雑記
2004|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|

2014-06-04 (水) [長年日記]

[メタル]Primal Fear JAPAN TOUR 2014の名古屋公演に行ってきた

ドイツのベテラン正統派メタルバンドPrimal Fearの来日ツアー名古屋公演に行ってきた。このバンドを見るのは今回が初めて。元Gamma Rayのラルフ・シーパースとマット・シナー以外のメンバーも良く知らなかった。

チケットは前売り7,500円 + ドリンク代500円。ちょい高いかなと考えたが、なかなか見られないバンド(今回も7年振り? くらいの来日)なので行くことにした。しばらく迷ってたこともあってチケット確保は遅めだったのに、発券された時の整理番号が70番だったので若干不安ではあった。

  • 会場は今池駅を出てすぐのボトムライン名古屋。
    • 開演直前くらいに入ったのだけど、やはり客入りが……。多く見て150-200人くらい?
    • 随分と前の列で見ることが出来てしまい、嬉しいような切ないような気分であった。
  • ライブは定刻通り19:00に開始。要塞のようなドラムセットがステージ真ん中に構える。
    • ラルフ・シーパースは写真でも知っていたが実物は本当に筋肉の城みたいで、メタルマシーンとしか形容できない。硬質なシャウトを難なく連発し、丸太のような二の腕に彫られたバンドロゴの入れ墨を見せ付けるようなポージングも良くキメていた。
    • マット・シナーは良くも悪くも見た目は普通のオッサンだった。ドイツのメタルバンドにありがちなビール腹が目立つ。
    • ギタリスト2人のうち片方が左利きでレフティギターを構えており、2人がちょうど左右均等に広がって見えて新鮮だった。
    • キャパに対しての人の少なさはステージから見てもはっきり分かったと思うのだけど、メンバー全員とても愛想良く楽しそうに演奏していた。
    • セットリストは最新作が中心ながら、Chainbreaker、Nuclear Fire、Metal Is Foreverといったド定番の曲もしっかり入ってた。

ラルフ・シーパースはまだまだ余力を思わせる驚愕のスタミナだったが、90分ほどで全ての演奏を終了。

ファンサービスでGamma RayかJudas Priestのカヴァーを1曲くらいやってくれないかなと期待していたのだけど、さすがにこれは無かった。

また見たいバンドですね。Gamma Rayと1週違いで名古屋公演をやるみたいだけど、カップリングツアーで回ってくれたら良いのになぁ。お互いに飛び入り参加したら盛り上がるだろうに。


最近のツッコミ

  1. ウルトラマン (2019-04-18(木)19:22)「声優代節約の為やぞ」
  2. ああああ (2019-03-28(木)15:19)「バージョンは好きにしていいのか。 」
  3. 雷悶 (2019-01-06(日)09:46)「時代はProっしょ~」

参号館  の中の  日記(ariyasacca)

トップ «前の日記(2014-05-31 (土)) 最新 次の日記(2014-06-06 (金))» 編集