ariyasacca

カテゴリ一覧

Biz | SF | Software | tDiary | Web | ゲーム | サバティカル | スポーツ | ミステリ | メタル | 健康 | 投資 | 携帯 | 時事ネタ | 死生観 | 資格 | 雑記
2004|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2017-11-08 (水) [長年日記]

[メタル]Rhapsody 20th Anniversary Farewell Japan Tour 2017の名古屋公演に行ってきた

ここ日本のみならず、世界的に「シンフォニックメタル」というジャンルの拡大に寄与したイタリアの伝説的バンドRhapsodyの生誕20周年を記念したオリジナルメンバーによる再結成バンド(Rhapsody Reunion)の日本ツアー名古屋公演に行ってきた。この記念バンド、世界中を巡る大規模ツアーを計画しているらしく、日本の後に台湾をはじめアジア各国も回るそうな。

バンドがRhapsody Of FireとLuca Turilli's Rhapsodyに分裂して以降は余り関心が持てずに居た自分だが、オリジナルのRhapsodyが遺した初期の作品群には思い入れが強く、当時の物語コンセプト「エメラルド・ソード・サーガ」をテーマにしたツアーとあっては、やはり行かざるを得ないのだった。

チケット代は前売り券8,500円 + 当日ドリンク代500円のため結構なお値段ではあるが、Farewell Japan Tourを謳ってるあたり、今後10年間は見られないライブである事を考えれば適正価格と思われる。事実、会場の名古屋クラブクアトロはギュウギュウの客入り。個人的には2014年のCarcass単独来日公演以来の満員っぷりに感じた。会社の人と一緒に行ったんだけど「うわ、マジで混んでるね~」とお互いに驚くほどであった。

セットリストがヤバイ

開演時刻の19:00ピッタリに会場が暗転すると、2ndアルバム『Symphony of Enchanted Lands』を完全再現のセットリストが開始。メンバー登場と同時にいきなりのEmerald Swordで、会場のテンションもMAXに。

  • フロントマンのファビオ・リオーネは二の腕もムッキムキで、凄まじい肺活量。
    • ド安定ハイトーンだけでなく、文字通りのオペラ歌唱もこなす器用さで、マジですごい。
    • MCも上手くて、曲と曲との繋ぎが絶妙だった。
  • もう1人のオリジナルRhapsodyキーパーソンであるギターのルカ・トゥリッリは、痩せぎすの長身で、貴公子然とした雰囲気。
    • 1990年代当時よりも痩せてるくらいでは? というくらい。何だかHelloweenのヴァイキーを思い起こさせる。
    • バンドが別々に分裂してしまった手前なのか、ファビオとは余りステージ上で絡まなかったけれど、もう1人のギタリストであるミニク・ルアキンとは背中を預け合ったり本当に楽しそうだった。エピックなツインギターには胸が躍るねぇ。
  • ドラムのアレックス・ホルツヴァルトとベースのパトリス・ゲールというリズム隊コンビが凄まじい安定感で、これまたヤバイ。
    • どちらもソロタイムが用意されてて、大盛り上がりであった。

2ndアルバムのセットリストを終えた後のアンコールでも、Dawn of VictoryやHoly Thunderforceといったキラーチューンが演奏されて、もう最高だった。中でもDawn of Victoryは、メンバー全員がキメポーズ揃えてて本当にかっこ良かったな~。こんなに仲良くて息ピッタリなら、ちょくちょくリユニオンツアーやってくれれば良いのに。なかなかそうも行かないんだろうけどね。

もう1人のキーパーソンであるキーボードのアレックス・スタロポリが参加しないから、「どうせ集金ツアーだろ~」と思っててすみませんでした。かなり入念にリハーサルやってそうな完成度のステージだったし、本気度が伝わって来る内容だった。贅沢言うと、キーボードも録音の音源でなく生演奏で見たかった。

2017年に見たライブでは、EpicaやFiddler's Greenに匹敵する満足度で、Rhapsody Reunionも居れたこの3バンドいずれかが個人的なベストライブです。

【写真】Rhapsodyのステージ


最近のツッコミ

  1. 雷悶 (2022-11-29(火)19:00)「なるほど、親要素が分かっていれば欲しい要素が追加されるまで監視させるって感じで行けそうですね。」
  2. ArcCosine (2022-11-29(火)07:27)「Intersection Observer APIを使えば、らいもんさんがやりたい事できるかな。」
  3. ArcCosine (2022-08-29(月)19:47)「LINEの仕様がクソなだけなんだよなぁ……。」

参号館  の中の  日記(ariyasacca)

トップ «前の日記(2017-11-04 (土)) 最新 次の日記(2017-11-09 (木))» 編集