ariyasacca

カテゴリ一覧

Biz | SF | Software | tDiary | Web | ゲーム | サバティカル | スポーツ | ミステリ | メタル | 健康 | 投資 | 携帯 | 時事ネタ | 死生観 | 資格 | 雑記
2004|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|

2006-01-03 (火) [長年日記]

[雑記][ミステリ] 部屋の中に検索エンジンが欲しい

かれこれ1時間かけて自分の部屋を探し回ったのだが、どうしても読み返したい「書類」が出て来ない。こんな時、検索ボックスに単語を入れてスパッと探し出せたら、どんなに便利だろう。探す対象は同じ文書なのに、電子化されていないだけで、これほど探索効率に差が出てしまうとは・・・。

しかし部屋を探した副次的な成果として、紛失したと思い込んでいた京極夏彦著「覗き小平次」を発見した。Cプログラミングの本の横に紛れているんだもの。そりゃ見付かりませんわ。そして、去年買ったままの「Effective Java」も発見。維持の仕事の合間に読もうと思ってたんだけど、開発に回されてどっぷり浸かってるもんだから、いつになったら読めるやら。

[メタル] MACHINE MENの歌ってる人と同じ誕生日だ!

MACHINE MENのヴォーカリスト、アントニー君とオレは同じ日(1981-11-09)に誕生したのだッ! だから何、と言われてもオチは無いけど・・・今日初めて知ったから書いてみたのだ。MACHINE MENはしばしば“若いバンド”という評価をされているから、即ちオレもまだまだ若いということだな! やったね。

MACHINE MEN含めて、最近買ったCDの感想。

TERRA NOVA / ESCAPE
何でも待望の復活作にあたるらしい。と言っても、オレがTERRA NOVAというバンドを知ってハマっていたのは、雷鰰という奴に教えてもらった2〜3年くらい前だから、復活と言われてもピンと来ないが・・・。アルバムの出来としては、ポップで良い曲が幾つかあるのだが、コーラスが厚過ぎて大好きなフレッド・ヘンドリックスの掠れた歌声が隠れてしまった感じがして残念だった。
SAVAGE CIRCUS / DREAMLAND MANOR
BLIND GUARDIANを脱退(!!)したトーメンの結成したプロジェクト。音楽性としては、2nd〜4thの頃のブラガ顔負けの、ファンタジックで勢いのある楽曲が半分近くを占めており、まさにガッツポーズもののカッコ良さだ。歌ってる奴がハンズィそっくり(高いキーはハンズィより余裕を感じる)なので、このアルバムこそがブラガの5枚目のアルバムではないかと思ってしまう程だ。ただし、アルバムの収録時間はボーナストラックを除いても長過ぎだと思う。それにしても、トーメンがピートと組んで、昔のブラガが好きなファンの為にこういう曲を届けてくれたというエピソードは、読んだだけで涙が出そうになる。オレは初期厨・懐古厨と揶揄されようが、SAVAGE CIRCUSを断固支持する。いつかTALES FROM THE TWILIGHT WORLDを超えるアルバムを作ってくれることを信じて応援したい。しかし、歌っているイェンスが在籍している(していた?)PERSUADERというバンドもとても気になるので、買わねばなるまい。
MACHINE MEN / ELEGIES
フィンランドのIRON MAIDEN大好き5人組による2ndアルバム。前作の方が、ギターがハモりまくりの涙腺に訴える曲が多くて好きだったなぁ。アルバム通して、捨て曲のような存在は1曲も無いが、抜きん出た曲も余り見付からない。BRUCE DICKINSONのACCIDENT OF BIRTHの1発目であるFREAKをカヴァーしているんだが、これがELEGIESというアルバムの中で1番カッコ良くて目立っているというのが悲しい。

最近のツッコミ

  1. ウルトラマン (2019-04-18(木)19:22)「声優代節約の為やぞ」
  2. ああああ (2019-03-28(木)15:19)「バージョンは好きにしていいのか。 」
  3. 雷悶 (2019-01-06(日)09:46)「時代はProっしょ~」

参号館  の中の  日記(ariyasacca)

トップ «前の日記(2006-01-02 (月)) 最新 次の日記(2006-01-04 (水))» 編集