ariyasacca

カテゴリ一覧

Biz | SF | Software | tDiary | Web | ゲーム | サバティカル | スポーツ | ミステリ | メタル | 健康 | 投資 | 携帯 | 時事ネタ | 死生観 | 資格 | 雑記
2004|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2006-09-18 (月)

[雑記] リトルワールドでサーカスを観て来た

今日は珍しく朝から外出。犬山市にある野外民族博物館リトルワールドへ行って来た。

民族衣装やらワニ肉やらラクダやら、色々と楽しんだけど、期間限定でやっていたイリュージョンサーカスが一番面白かった! 空中ロープとかローリングバランスとか、よくもあんな高い場所で演技をやっちゃうものだなぁ。

【写真】ドイツビール詰合わせ

運転手だったので、園内で生ビールを飲むのは諦めて、おみやげにドイツの瓶ビール詰合わせを買って来た。この頃は頑張ってお酒を断っていたけど、まぁ、1日1本とか、抑えたペースで飲むんなら良いんじゃないのっていう。


2007-09-18 (火)

[雑記]見方を変えたら報道ステーションが面白かった

もう随分と長いことテレビを見ていない。

僕がまだ日常的にチャンネル間を適当にザッピングしながらテレビを見ていた頃、嫌いだった番組の一つが、ニュースステーションだ。

久米さんが「もうすぐ夏休みだし」みたいなことばかり言うのも好きじゃなかったのだけど、それ以上にゲストに対して結論ありきで強引に話を進めようとする番組の構成が好きになれなかった。なんだか見ていて「むかっ」と来る。

スポーツコーナーではプロ野球の結果だけ編集して流してくれたら良いのに、真中さんという女優に下手糞な喋りを担当させていて、これがまた「むかっ」とするのだった。

メインアナウンサーが古舘さんに交代した頃には、既に僕はあまりテレビを見なくなっていた。けれど僕はセクースを古館風に実況してください。を何度も読み返してしまうくらいこの人の実況が面白いと思っていたので、後番組の報道ステーションに少し期待したりもした。けれどもやっぱり、見ると「むかっ」とすることが多いのだった。あれ、古舘さんってこんなに腹の立つ人だったっけ、という感じ。

今日、ニコニコ動画で自民党総裁選関連の報道ステーションの動画を見た。僕が思わず「むかっ」とするような場面で、すかさずどこかの誰かが古舘さんの言動に対してツッコミを入れている。それも、一人や二人ではない。いわゆる「フルボッコ」状態である。著作権的には真っ黒だけど、番組としては数千倍面白くなっている。こんな面白い番組だったとは。

報道ステーションの構成を考えている人が古舘さんにもっとむかつくことを言わせたら、僕はもっとこの番組を見るようになるかもしれない。テレビ放送じゃなくて、ニコニコ動画で。


2008-09-18 (木)

[時事ネタ][健康]コンビニおにぎりにも事故米混入だって

コンビニで販売されてるおにぎりにも事故米が混入されてたんだって。

愛知県とシノブフーズによると、同社の名古屋工場(愛知県弥富市)が今年2月13日〜8月5日、京都市の米穀販売会社「京山」からもち米6864キロを購入して赤飯のおにぎりに調理。「おむすび赤飯」「おにぎり&いなり」の商品名で計10万2053個を製造し、愛知、岐阜、三重、福井、石川、静岡、長野、滋賀各県のスーパーやコンビニ計数百店舗で販売されたという。

毎日、昼食にサークルKやサンクスのおにぎり(好物は赤飯)を食べてるオレ\(^o^)/


2009-09-18 (金)

[ミステリ]首藤瓜於『脳男』

脳男 (講談社文庫)(首藤 瓜於)

未知なるヒーロー誕生。乱歩賞受賞作

連続爆弾犯のアジトで見つかった、心を持たない男・鈴木一郎。 逮捕後、新たな爆弾の在処(ありか)を警察に告げた、この男は共犯者なのか。 男の精神鑑定を担当する医師・鷲谷真梨子は、彼の本性を探ろうとするが……。 そして、男が入院する病院に爆弾が仕掛けられた。 全選考委員が絶賛した超絶の江戸川乱歩賞受賞作。

本格でもサスペンスでもホラーでもなく、悲哀に満ちたヒーローの物語というところが、本作の最大の魅力。

脳医学や心理学の観点から精神疾患や自閉症を抱えた者が時として非凡な才能を発揮することを丁寧に解説する中盤までの話は、全て終盤の怒涛の展開のためにあったと言っても良い。パラサイトのミギーしかり、魔人探偵のネウロしかり、冷静沈着で感情を表に出さない人間の隣人が活躍する話として読んだ。

ヒーローの補佐でありライバルでもある茶屋警部が、どうやっても名探偵コナンの目暮警部で頭の中で描写されてしまった。

物語の軸となる3人の人物を使って、シリーズとして各キャラクタの背景を掘り下げて欲しいと思うほど、読み終わるのが勿体無い作品。少年マンガが好きな人には本当におすすめ。

[雑記]シルバーウィーク

2009-09-19から2009-09-23までの5日間が、シルバーウィークとしてお休みです。ウィキペディアを読んで知ったのだけど、毎年あるわけじゃないんですね、これ。

日本人は年休を使うのが(自分も含めて)苦手なので、カレンダーの並びで半強制的に連休が発生することは良いことだと思います。


2022-09-18 (日)

[携帯]iPhone 13デビューしました

iPhone 11 Proへの機種変更から2年半、iPhone 13に機種変更しました。ストレージ容量は128GBのミッドナイト(黒)モデルです。

相変わらずiOSのデータ移行は簡単で、移行後もGmailやポケモンGOなどの一部アプリでGoogleアカウントがログアウト状態になっていた以外は、何もかも問題なく引き継ぎできた。

同梱物・サイズなど気付いたこと

  • iPhone 13の箱はやたらと小さくて、届いた時にビックリした。ACアダプターやEarPodsが同梱されなくなっているからが理由のようだ。
    • 同梱物が減らされたのは、iPhone 12シリーズからとのこと。知らなかった。
    • 実際のところ、僕は自宅運用ではワイヤレス充電しかしないし、ACアダプターやEarPodsが増え続けても困るのは事実だが、初めてiPhoneを買った人は逆にケーブルだけ同梱されてても充電できなくて詰むんじゃない? コストダウンを感じる。
  • iPhone 11 Pro(188g)は重さ、背面の丸っこさに由来する持ちづらさに割と辟易させられたが、iPhone 13(173g)は、ハッキリと軽い。持ちやすい。
    • なんか自分が好きだったiPhone 5sやiPhone SE(初代)を思わせる、iPhone 13の角ばったデザインも好ましく感じる。
    • 調べて分かったが、iPhone 12(162g)は、このデザインを採用してさらにiPhone 13/iPhone 14比で10g軽かったようだ。iPhone 12が良かったかも知れない。
  • 高さ・幅などほぼ変わらず、厚みだけが劇的に減って、かつ画面は対角5.8インチから6.1インチに拡大している。
    • この絶妙に変わってないようで変わった画面の広さに慣れていないためか、前の画面に戻るエッジスワイプ操作で思った通りに動かせない時がある。
    • 画面の縁(ベゼル)がより一層狭くなった影響か、「押してるつもりが無いのに画面端を押していた」事がある。
    • 片手で操作するのは、この6.1インチが限界だなとつくづく感じる。先日Google StoreでPixel 6 Proが投げ売りセールされていて、手持ちのPixel 3aを下取りに出して買おうか迷ったものの、6.7インチは片手で持って操作するにはデカ過ぎると諦めた。同じ6.1インチのPixel 6aが安売りされるのを大人しく待つことにする。
  • miniモデルの圧倒的バッテリー容量の少なさを警戒したが、よくよく考えるとiPhone SE(第3世代)と同程度には容量があるから、別にminiで良かったかも。

【写真】iPhone 11 ProとiPhone 13の比較

カメラは2眼で十分

レンズの出っ張りは相変わらずであるが、2眼で対角線上に配置されているせいか、前よりはマシに感じる。新機能なのか知らないが「フォトグラフスタイル」は使い方がよく理解できていない。

iPhone 11 Proを2年半使ってみて分かったが、自分の使い方では望遠レンズは全く必要無かった。ポートレートモード(ボケ)も最初は面白がって使っていたが、もう全く使わない。逆に超広角レンズは面白くてよく風景を撮るのに使う。A15 Bionicチップの恩恵か、超広角モードとの切り替えも一層スピーディーでぬるぬる動いて満足できる。

総合的に考えると、カメラも普通の広角レンズだけの単眼で良いなら、iPhone SE(第3世代)を選んでおけば不満ないと言えそう。

【写真】iPhone 11 ProとiPhone 13のカメラ

iPhone SE(第4世代)に期待すること

先日親の使うスマートフォンをiPhone SE(第2世代)に機種変更させた時に感じたこととしては、カメラやゲームの動作にこだわらないなら、SEシリーズで実用上は何も不満を感じないということだ。

それもその筈で、廉価モデルとはいえ、iPhone SE(第2世代)はiPhone 11シリーズと同じA13 Bionicチップ、iPhone SE(第3世代)はiPhone 13シリーズと同じA15 Bionicチップがおごられているのだ。クロックダウンとかGPUコア数とか、細かいところは違うのかも知れないが。

ここで僕が期待したいのは、次のiPhone SE(第4世代)である。2022年9月にリリースされたiPhone 14シリーズでは、miniモデルがディスコンとなった。思えばiPhone SE(初代)はディスコンとなったiPhone 5sを、iPhone SE(第2世代)はディスコンとなったiPhone 8を引き継いだ姿で廉価モデルとして発売されている。つまり、次のiPhone SE(第4世代)は、iPhone 13 miniの姿で格安になって登場するのではないだろうか? SEシリーズも、いつまでもTouch IDではないだろう。いや普通にノーマルiPhone 13/iPhone 14の姿を引き継いだ姿で登場する可能性も十分あり得るんだけど。

買って装着したガラスフィルム

iPhoneシリーズは登場する度に画面のガラスがどんどんゴリラ強化されているが、今回もガラスフィルムを買って装着した。

とくに気泡も残らず綺麗に貼れて満足。

買って装着したケース

出っ張りレンズを傷つけたくない心理から、周囲を保護できるタイプのカバーを買って装着した。

表面は画面にピタッとツライチに収まり、すべすべで持ちやすさにも満足している。

黒が1番安かったから何も考えず黒にしたけど、ボロボロになったら別の色に買い換えるのも気分が変わって良いかも知れない。


最近のツッコミ

  1. 雷悶 (2022-11-29(火)19:00)「なるほど、親要素が分かっていれば欲しい要素が追加されるまで監視させるって感じで行けそうですね。」
  2. ArcCosine (2022-11-29(火)07:27)「Intersection Observer APIを使えば、らいもんさんがやりたい事できるかな。」
  3. ArcCosine (2022-08-29(月)19:47)「LINEの仕様がクソなだけなんだよなぁ……。」

参号館  の中の  日記(ariyasacca)

トップ «前の日(09-17) 最新 次の日(09-19)» 追記