ariyasacca

カテゴリ一覧

Biz | SF | Software | tDiary | Web | ゲーム | サバティカル | スポーツ | ミステリ | メタル | 健康 | 投資 | 携帯 | 時事ネタ | 死生観 | 資格 | 雑記
2004|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

2015-11-23 (月) [長年日記]

[雑記]第19回名古屋モーターショー行ってきた

ポートメッセなごやで開催されている第19回名古屋モーターショーの最終日に午後から行ってきた。

2年ごとの開催ということで、前回に引き続き今回もなかなか盛況だった。

トヨタブース

地元トヨタのお膝元ということもあってか、やはりトヨタブースは入場して1番に視界へ飛び込んでくる一等地かつ広々していた。

新型プリウスや燃料電池車も人が集まっていたが、ライトウェイトなコンセプトカーのS-FRにも人が相当集まっていた。小型軽量さに加え、愛らしい見た目も手伝って、老若男女問わず注目されていたように見えた。市販化するのかな?

【写真】トヨタS-FR

スズキブース

スズキブースは多分アルトワークスが1番人気で、次に販売開始間近と言われるイグニスが盛り上がっていた。

イグニスは実物を見たら小さいけど存在感が抜群で、グッと来る車だった。CVTじゃなくてトルコンATのグレードも用意して欲しい。

【写真】スズキイグニス

その他国産メーカー

その他の国産メーカー出展ブースもちょいちょいと見て回った。

  • 日産ブース・ホンダブース
    • スポーツ志向の展示が多く、ちょうどショータイムでコンパニオンの姉ちゃんが壇上で説明をしており人が多かった
    • どちらも展示車種が多く立派なブース構え
    • コンセプトカーだけでなく、既に市販化済みであるNISMOチューンカーやS660も人気があったようだ
  • スバルブース
    • とにかくオタクが多い
    • 新型インプレッサ、コンセプトモデルだからか知らないけど、デカくなり過ぎて厳しい
  • マツダブース
    • ここ最近のマツダは展示車種をソウルレッドで統一しており非常にかっこいい
    • 東京モーターショーで話題沸騰だったRX-VISIONは名古屋モーターショーでは展示されておらず残念
  • 三菱ブース・ダイハツブース
    • 人が居ない……
    • 三菱はSUVばかり、ダイハツは軽自動車ばかり(これはしょうがないのだけど)といった印象

輸入車が多い

名古屋モーターショーは地元のインポートカーディーラーが独自に出展するため伝統的に輸入車が多いらしく、今年も相当な種類の車種が展示されていた。

とても庶民には手が出せない高級車が中心だったけど、プジョー・シトロエン・ルノーといったフランスのブランドは、身近な感じのする価格・セグメントの車が多かった。

【写真】輸入車の展示


最近のツッコミ

  1. ウルトラマン (2019-04-18(木)19:22)「声優代節約の為やぞ」
  2. ああああ (2019-03-28(木)15:19)「バージョンは好きにしていいのか。 」
  3. 雷悶 (2019-01-06(日)09:46)「時代はProっしょ~」

参号館  の中の  日記(ariyasacca)

トップ «前の日記(2015-11-16 (月)) 最新 次の日記(2015-11-29 (日))» 編集