ariyasacca

カテゴリ一覧

Biz | SF | Software | tDiary | Web | ゲーム | サバティカル | スポーツ | ミステリ | メタル | 健康 | 投資 | 携帯 | 時事ネタ | 死生観 | 資格 | 雑記
2004|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|

2013-08-09 (金) [長年日記]

[Software][雑記]長かったAndroid系の開発プロジェクトが終わった

今年度の4月中旬頃から危険な雰囲気が漂っていたところに戦力として放り込まれて、それでもゴールデンウィークは空気読まずに全力10連休取得とかやってたんだけど、いよいよ6月頃から早く帰られない日々の続いていたAndroidのアプリ開発プロジェクトが、ようやくローンチを迎えて、終わった。

今後もストアのレビューが炎上する様子を眺めながら色々やるんだろうけど、仕事量としてはひとまずピークを越えて落ち着くと思うので、退院した自称底辺個人投資家さんに負けないよう、自分も投資活動を本格的に再始動させたい。

Android開発雑感

僕としては初めてAndroidのアプリ開発経験だったので、感想を取りまとめておきたい。今でもAndroidアプリのお作法が完全には理解出来てない部分もあるんだけど。

  • Androidプラットフォーム自体はiOSよりも後発だけあって、良く考えられているなと感じた。
    • 特にAPI Levelの概念や、古いOSバージョン向けSupport Libraryの存在など、プラットフォームをうまく発展させようという狙いが見える。まぁ狙いが悪くないけど現実が残念という、往々にしてありがちな状態なんだけど…。
    • スマートフォンアプリ開発に関しては先にiOSアプリを経験していたので、似ているんだけど微妙に異なるビューのライフサイクルに最後まで苦しまされた。今でも良く分かってない。
  • 良く言われるフラグメンテーションの問題、これは本当に残念。
    • 日本の場合はAndroid 2.xが余りにも普及し過ぎていて、どうやってもサポートせざるを得ない状況。Internet Explorer 6のことを全く笑えない。むしろWindows XPが2014年でサポート切れることを考えると、Android OSの方が今後もやばい。
    • ハードウェアに関してもフリーダム過ぎてやばい。解像度サイズだけでなく、CPUとGPUの多様さが「多様は善」を超えて心が折れるレベル。
    • マルチ解像度サポートするための画像リソース管理とか、ほんとiOSよりも後発だけあって良く考えられてると思うんだけど、現実が残念過ぎて、こりゃゲームメーカーからネイティブアプリのゲームタイトルがiOSにばかり出る訳だなぁと妙に納得した。
  • 開発環境としては最もメジャーだと思われるEclipse + Android SDKという構成だった。
    • 本当はVimが良かったんだけど自分のVim力が低過ぎてまともな開発環境を整えるのに1週間くらいかかりそうだったので断念してEclipseで見切り発車した。
    • Eclipseを使うのは前職でStruts(笑)開発していて以来なんだけど、動作が重くて辛かった。
    • どうしても標準キーバインドに耐えられなくてVrapperというEclipseのプラグインを導入して普段使っているキーバインドに似せる設定で騙し騙しキマイラ状態で使っていた。
    • 次期Android Studioという統合開発環境は評判の良いIntelliJベースらしいので、こっちに期待したい。ほんとはVimでやりたい。
  • 久し振りにJavaも触って、もともと堅い言語で好みだった筈なんだけど、今となっては静的型付き言語なのにnullチェックとかだるくてやってられないと思った。
    • 最新の言語実装であるJava 8は、先取りして構文を紹介している記事を読むと魅力的に見えるのだけど、「これがAndroidアプリ開発に使えるのは何年後か……」という絶望がある。
    • iOSというかAppleは、良くも悪くも切り捨てて行く文化なので、Objective-Cという言語の特性上Xcodeが新しくなれば言語レベルで新しい構文が使えるし、OSもiOS 7が出たら最低限iOS 6辺りがサポートラインになるだろうし、そうなるとTwitterやFacebookと連携するアプリがOSのAPIで凄く簡単に作れるようになるよなっていう期待がある。そのうち非Retina端末はサポートしなくて良い未来さえあるかも知れない。
  • アプリの配布についてはAndroidの方が遥かに洗練されていて、Google Play Developer Consoleを初めて使ってみて、ちょっとした感動があった。
    • 特に、限定されたユーザグループに対して、アルファ版→ベータ版と公開して行き、最終的にプロダクション版として公開するプロセスを公式にサポートしているのがとても良く出来ている。これはAppleも見習うべきである。
    • まぁ、その限定されたユーザグループを定義する方法が、GoogleグループかGoogle+っていうところが、失笑モノではあるけれど…。
  • Androidとは直接の関係は無いんだけれど、僕が入ってからは本格的にGitHubを利用した開発に移行した。
    • 構成管理周りはかなり自由に任せてもらったので面白かった。
    • これまでも少人数でGitHubを使ってはいたのだけど、大規模開発で利用するのは今回が初めてで、試行錯誤の連続ではあった。
    • コミットログをグループチャットツールに垂れ流し始めた頃から皆の意識が明らかに変わって、詳細なコメントを付けるようになったのが、環境は人を変えるのだなぁと実感した。
    • 絵文字チートシートが非常に捗る存在で役立った。

まとめ

Androidプラットフォームは後発だけあってiOSよりも優れている部分が多々あるのですが、現実が残念なので、これから趣味でなく業務でスマートフォンやタブレット向けのアプリを企画・開発する予定の人には、iOSアプリがおすすめです。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]
シナモン (2013-08-10 (土) 08:36)

Eclim使いましょう (適当)

雷悶 (2013-08-10 (土) 10:34)

>シナモンさん<br>時間に余裕も出て来たしEclim行くか~?


最近のツッコミ

  1. 東浦10キロマラソンの会 (2021-01-10(日)14:51)「グオー オマエノ アタマ マルカジリ。 って覚えてたら、 オレサマ オマエ マルカジリ だった..」
  2. 雷悶 (2021-01-08(金)23:06)「その人たちのことが嫌いでも、アベノミクスのことは嫌いにならないでください。」
  3. 東浦10キロマラソンの会 (2021-01-07(木)22:25)「オレ アオヒゲ ト ノダセイコ キライ」

参号館  の中の  日記(ariyasacca)

トップ «前の日記(2013-07-28 (日)) 最新 次の日記(2013-08-12 (月))» 編集