ariyasacca

カテゴリ一覧

Biz | SF | Software | tDiary | Web | ゲーム | サバティカル | スポーツ | ミステリ | メタル | 健康 | 投資 | 携帯 | 時事ネタ | 死生観 | 資格 | 雑記
2004|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

2005-10-07 (金)

[雑記] うちの犬も10歳なわけで

HTMLを勉強していた頃、良く見ていた初心者のためのホームページ作り、管理人氏の愛犬チビ太君が死んだそうだ。14歳と5ヶ月の大往生。ご冥福をお祈りします。

  1. 2005年04月18日:愛犬、老いる
  2. 2005年09月29日:脂肪腫に苦しむ愛犬
  3. 2005年10月06日:愛犬、逝く

犬と一緒に暮らすと言う事は、飼い主にはその子の最期を看取る責任があると言うことだ。うちの犬も今年で10歳、まだまだやんちゃだけど、やっぱり散歩でちょっと走ると息が上がるのが早くなったかなとも感じる。

何となく久しぶりに2chをふらふらと眺めてみて、下記のスレを発見。

いい奴ばかりで涙が出て来る。

[時事ネタ] オタクをカテゴライズする野村総研

オタク市場予測チームを持つ野村総研様から、新たなオタクのペルソナが提示された。去年もオタクについて調べていたが、オタクから情報を聞き出す独自のノウハウでも持っているのか、ここは。

アンケート調査の結果から、オタク層に共通する行動特性を抽出したところ、(1)他人に良さを理解してほしいと思う「共感欲求」、(2)何でもそろえたいと感じる「収集欲求」、(3)自分の意見を広めたいという「顕示欲求」、(4)自分なりの考えを持ちたいという「自律欲求」、(5)オリジナル作品を作ったり、改造したりする「創作欲求」、(6)気の合った仲間にだけ分かってもらえばいいと考える「帰属欲求」――という6つの欲求があることが分かった。

この6つの欲求の濃淡などから同社は、オタク層を5種類に分類した。いわく「家庭持ち仮面オタク」(全オタク中25%)、「我が道を行くレガシーオタク」(同23%)、「情報高感度マルチオタク」(同22%)、「社交派強がりオタク」(18%)、「同人女子系オタク」(12%)――だ。

例えば「収集欲求」「帰属欲求」なんていうのは、少し昔までは、どちらかと言うと誇り高きマニア*1の領分だと思っていたんだが、今ではオタクとマニアにボーダーは存在していないことにされているのかな。

などと考えていたら、参照先の記事中のスライド資料に「オタク」「マニア」「コレクター」は同義になって来たと出ているな。

しかし5種類のオタクの中に天邪鬼オタクが抜けているな。オレが追加で定義しておこう。

天邪鬼オタクとは
同分野の他のオタク達が絶賛するものに必ず反発するオタク。どうしようもないヘボバンドや、ブレイク前のイモ芸人や、毒にも薬にもならないマイナー商品を褒め称えることを無上の喜びとする。万が一売れた時は、「そら見たことか! おれはずっと前から応援していたぜ!」と誇らしげに宣言するが、メジャーになってしまったものからは、やがて興味を無くしてしまう。

野村総研は、次回の調査ではこの天邪鬼オタクについても調べるように。オレの天啓推理では、各分野に3%程度潜んでいると出ている。

*1 オーディオマニアとかプラモマニアとか、とにかく生活費削ってでもお金かける人が、オレの中では「マニア」という定義。どうせ使ったり組み立てなかったりするのに、既に収集それ自体が目的と化している。

[Web] Peggy Proが4.29にバージョンアップ

9月30日付けでPeggyシリーズの4.29がリリースされていたことに気付いて、早速アップデート。

補完入力が大幅に機能強化され、グンと魅力が増した。PHPやASPみたいな、どうしてもHTMLのコードと混在してしまうスクリプト言語を使う上でベストの開発環境だと思っている。統合開発環境として耐え得る多機能さと、テキストエディタの様に一つのファイルを少しだけ手直ししたい時にもサクサク動いてくれる軽快さがいい。

もうね、Peggy Pro無しじゃ仕事にならんよ。


2011-10-07 (金)

[Software]ランチャーソフトをLaunchyに乗り換え

これまでWindows環境ではbluewindというコマンドライン型のランチャーソフトを使っていたのだけどWindows 7でのセットアップが面倒くさいこともあり、Launchyというランチャーソフトに乗り換えた。

Launchyは、bluewindと同様にホットキーで呼び出せるコマンドライン型のランチャーソフトで、クロスプラットフォーム(Windows, Mac, Linux)に対応しているのが特徴である。常駐させてもメモリを5MB程度しか消費しない。

スキャンパス

僕は基本的に、ランチャーソフトは、使いたいソフトが直ぐに呼び出せればそれで十分なので、インストール時に自動でスキャンしてくれるスタートメニュー等のパスは削除した。

で、自分が直ぐに呼び出したいやつのショートカット集を作って、そこをスキャンするように指定した。一定時間ごとに再スキャンしてくれる設定もOFFとした。

【スクリーンショット】スキャンパスを変更

ショートカット

D:\data\shortcutsの中身は、こんな感じである。

【スクリーンショット】用意したショートカット集

スタートアップに登録

スタートアップへの登録は、bluewindと違って、一般的なソフトと同様の場所へショートカットを置けば良いようだ。

C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup

管理者権限がどうのこうのと文句言われないのも良い。

ただ、余り凝った使い方をしていないので、bluewindとLaunchyの具体的な機能差分までは分からない。

UbuntuでLinux版Launchyを使う

クロスプラットフォームなので非Windows環境でも、ほぼ同じ使い勝手が実現できるのも強みである。

手元のUbuntuに入れてみるのも簡単だった。依存しているパッケージを事前インストールしておいてから、配布されている.debパッケージを入れるだけ。

Debian系以外のLinuxディストリビューションなら、配布されているソースコードをコンパイルして入れれば良いだろう。

$ sudo apt-get install libqt4-network libqtcore4 libqtgui4 libmng1 libaudio2
$ wget 'http://www.launchy.net/downloads/linux/launchy_2.5-1_i386.deb'
$ sudo dpkg -i launchy_2.5-1_i386.deb

最初の設定は手で起動して歯車アイコンへアクセスして行うのが良いと思う。

Linux版はデフォルトのホットキーがCtrl + Spaceに設定されているので、Launchyを起動して入力待ち状態にしてから、ホットキーで呼び出せば後はWindowsと全く同じGUIメニューから設定できる。

$ launcy
QKeySequence("Ctrl+Space") true

僕はホットキーはAlt + Spaceが好みなので、ホットキーを変更して、後は[システム]→[設定]→[セッション]→[自動起動するアプリの設定]から

/usr/bin/launchy

と指定してスタートアップに登録した。

使い勝手は見た目も含めて、ほぼ完全に他のプラットフォームと一緒です。

【スクリーンショット】Ubuntuで呼び出したところ。

まとめ

Launchyなかなか良いです。コマンドライン型のランチャーソフトに多くを求めない人には、設定も簡単で必要十分といった感じ。

あとQtのお陰で、どのプラットフォームでも見た目ほとんど一緒なので、操作を覚え易くて素晴らしい。っていうかQtすごい。

その見た目はMacのQuickSilver由来だろって話もあるのですが。こまけぇこたぁいいんだよ。


2016-10-07 (金)

[健康]健康診断結果@2016

健康診断に行ってきた。今年から1日ドックコースに変わり、肺活量とかの検査が加わったぞ。初めてだから全然うまく息を吹けなかった…。

身長
168.8cm
体重
61.2kg
血圧
忘れたが正常範囲内
腹囲
76.0cm

体重と腹囲は2年前の数値に近付いたので、ひとまず良かった。昨年のままではデブ待ったなしだった。体重50kg台をトリモロしてぇ……。

尿検査と血液検査の結果がほぼ指摘なしだったのが自分でも信じられん。あんなに記憶喪失クソ酒を繰り返しているのに。ここで油断すると再び悪い数値になりそうだから調子に乗らないようにしよう。

LDLコレステロールの項目だけ基準値を超えてるから、卵やマヨネーズを控えるように言われた。もう喫茶店のモーニング行けないやん。

体重履歴

[雑記]管理職になって1週間

10月から管理職になって、業務時間中に1行もコードを書かないまま1週間が過ぎてしまった。さすがにこの事態には危機感を覚えずには居られない。こうやって人はコードの事を何も話せないスーツになって行くのか。承認とか会議の場に俺が出ている意味があるとは思えん。

何より他人の給与をジャッジする立場にあると云う事実のプレッシャーに耐えられないんだが。昇給した額面以上に増えてる責任~。

東京へ行く機会が増えそうで、ようやくEX-ICが報われる日が来ました。出張費プール口座にお金が貯まって行くぜ。誰から隠している口座でもないのに。


2018-10-07 (日)

[雑記]『人を動かす』

現在の勤め先である会社で、僕が個人的に一目置いているエンジニアリングマネージャーの人が「2018年上半期に読んで良かった本のベスト」として挙げていたので、影響されて読んでみた。確かに名著と呼ばれるだけある内容だった。

本書は、誤解を恐れずに言ってしまえば、「人たらしの技術」について解説している内容である。対話相手の承認欲求をくすぐってやろう、という意図が透けて見える。アメリカの作家らしく、歴代のアメリカ大統領やリー将軍やキング牧師といったアメリカ史における著名人の発言からの引用や、ちょっとしたセールス担当や夫婦間の不仲解決まで、豊富な実例と共に「人間関係はこうすると上手く行く」といった説得力を持たせていて、読み易い。ハッキリ言って、世に溢れるビジネス書や自己啓発本の大半は、本書の二番煎じ三番煎じとも言えるので、しょうもない本を掴むくらいなら、これだけ読んでおけば良い気はする。

ちょくちょく犬の隠喩(愛情を全力で伝えて来る、特技を褒めて伸ばせる)があって、飼い犬と暮らした経験のある身としても、嬉しくなってしまった。

目次だけ抜き出すと、「そんなの知ってるよ」「当たり前じゃん」と言いたくなる気持ちにもなるだろう。

  • 人を動かす三原則
    1. 盗人にも五分の理を認める
    2. 重要感を持たせる
    3. 人の立場に身を置く
  • 人に好かれる六原則
    1. 誠実な関心を寄せる
    2. 笑顔を忘れない
    3. 名前を覚える
    4. 聞き手にまわる
    5. 関心のありかを見抜く
    6. 心からほめる
  • 人を説得する十二原則
    1. 議論を避ける
    2. 誤りを指摘しない
    3. 誤りを認める
    4. 穏やかに話す
    5. 〝イエス〟と答えられる問題を選ぶ
    6. しゃべらせる
    7. 思いつかせる
    8. 人の身になる
    9. 同情を寄せる
    10. 美しい心情に呼びかける
    11. 演出を考える
    12. 対抗意識を刺激する
  • 人を変える九原則
    1. まずほめる
    2. 遠まわしに注意を与える
    3. 自分の過ちを話す
    4. 命令をしない
    5. 顔をつぶさない
    6. わずかなことでもほめる
    7. 期待をかける
    8. 激励する
    9. 喜んで協力させる

結局のところ、対人関係において普遍的な法則というのは、「言われてみればその通り」という内容ばかりで、読めば頭には入るものの、実際に対話の場で咄嗟に実践するのが難しいのだと思う。覚えたテクニックを実践で使うには、相当に自分を俯瞰して見る力が必要になる筈である。

日本で500万部以上も売れているベストセラーらしいのだけど、だったら日本は人づきあいの達人だらけに溢れているかというと全然そんなことはなく、誤りを認めて自ら謝ったら死ぬ病に取りつかれた人の方が多く見かけるくらいというのが現実だもの。

今年は、人たらしの達人だった元・上司を真似て、オフで会った人に握手を求めているのだが、これも同じような話で、「そりゃ握手したら悪い気はしないでしょ」と思っていても、実践するのは非常に気恥ずかしい。しかし人たらしの道は一日にして成らず。やはり実践あるのみだと僕は考える。

良い本なので、読んだら紹介されてるやり方を一つでも実践してみましょう。

人を動かす 文庫版(D・カーネギー/山口 博)


最近のツッコミ

  1. ムノーン (2018-09-20(木)07:26)「デボラ様派なんだけど、少ないのか。」
  2. 雷悶 (2018-09-04(火)18:36)「やるしかないっしょ~」
  3. うどん職人 (2018-09-04(火)18:00)「年末耳うどんミーティングか〜?」

参号館  の中の  日記(ariyasacca)

トップ «前の日(10-06) 最新 次の日(10-08)» 追記