ariyasacca

カテゴリ一覧

Biz | SF | Software | tDiary | Web | ゲーム | サバティカル | スポーツ | ミステリ | メタル | 健康 | 投資 | 携帯 | 時事ネタ | 死生観 | 資格 | 雑記
2004|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|

2012-06-12 (火) [長年日記]

[Software]XVimと配布カラーテーマを導入してXcodeを使い易くする

アップル社がMac OS X向けに提供している統合開発環境のXcode、バージョン3.xの頃にTitanium Mobileを触ってみたくて家のMac miniに入れたこともあったのですが、案の定サンプルコードを触って動くものが出来たら満足してしまい、それきりとなっていました。

が、仕事でiOSアプリの開発をする機会がありそうで、ちゃんと使えないと不味い気配となり、最新のMac miniとなるべくでかいディスプレイを買ってもらって、そこにXcode 4.xを入れました。

入れたは良いのですが、Vimに慣れてしまった身としては、標準のキーバインドが使い難くて辛い…。

調べてみたところ、Vimに慣れている人がMacでObjective-Cを書く際のアプローチとしては、

  • VimでObjective-Cの補完を強化する(cocoa.vim)
  • Xcodeの使い勝手をVimに近づける(XVim)

の2通りがあることが分かりました。

Xcodeの使い方すら怪しい自分としては、後者を試してみることに。

XVimのインストールと設定

まずはXcode 4.3をインストール済みのMacに、デイリービルド配布場所から最新のバイナリをダウンロードしてインストールします。

2012-10-18追記

インストール方法が変更になっていたので覚え書きです。配布インストーラではなくソースコードから自前でビルドする必要がありました。

といっても、リポジトリを取得して、

$ git clone git://github.com/JugglerShu/XVim.git

XVim.xcodeprojを開いてCommand + Bでビルドすればインストールまで一発でした。インストールする場面に応じて公式リポジトリのREADME.mdに書かれている最新のインストール方法を参照するのが良いと思います。

これだけでも、かなり気の利いた使い勝手になってくれるのですが、FeatureList.mdを参考に~/.xvimrcファイルを設定してみました。

set incsearch
set ignorecase
set smartcase

nmap n nzz
nmap N Nzz
nmap * *zz
nmap # #zz
nmap g* g*zz
nmap g# g#zz
nmap <CR> o<Esc>

imap <C-A> <Home>
imap <C-E> <End>
imap <C-F> <Right>
imap <C-B> <Left>
imap <C-D> <Del>

vmap <C-[> <Esc>

自分の.xvimrcファイルはGitHubに突っ込んでおきました。ちょくちょく更新するかも知れません。

幾つか不満もあって、

  • ドキュメントにも書かれている通り、ビジュアルモードで<C-V>の矩形選択が現在はサポートされていない
    • 矩形選択もサポートされるようになっていました。
  • cmapが設定不可能なため、Command-line modeから抜ける際に<Esc>を押さなければならない
    • vmapは設定出来るので、慣れている<C-[>で抜けることが可能
    • Command-line modeからもCtrl+[で抜けられるようになっていました。

といった点が気になりました。

とは言え自分としては、慣れたキーバインドでカーソル移動出来るだけでも相当な改善となり、助かりました。

Vim風カラーテーマの入手

キーバインドがVimライクになったので、Xcodeのエディタ部分の色付けも普段のVimに近い環境としたくなりました。

どうやらXcodeでは、XMLフォーマット(plistファイルって呼ぶの?)で定義されたカラーテーマを入手することで、設定画面で選択可能なテーマが増えるようです。

GitHubで配布されていて導入が簡単そうなカラーテーマは、以下のようなものが見付かりました。

次のように拡張子*.dvtcolorthemeの配布ファイルを入れることで、Vim風のカラーテーマが導入出来ました。

$ mkdir -p ~/Library/Developer/Xcode/UserData/FontAndColorThemes

$ git clone git://gist.github.com/1267734.git ~/works/git/desert4xcode
$ ln -s ~/works/git/desert4xcode/Desert\ 256.dvtcolortheme ~/Library/Developer/Xcode/UserData/FontAndColorThemes

Desert 256適用スクリーンショット

【スクリーンショット】Desert 256を適用したXcode 4


最近のツッコミ

  1. ウルトラマン (2019-04-18(木)19:22)「声優代節約の為やぞ」
  2. ああああ (2019-03-28(木)15:19)「バージョンは好きにしていいのか。 」
  3. 雷悶 (2019-01-06(日)09:46)「時代はProっしょ~」

参号館  の中の  日記(ariyasacca)

トップ «前の日記(2012-06-05 (火)) 最新 次の日記(2012-06-23 (土))» 編集