ariyasacca

カテゴリ一覧

Biz | SF | Software | tDiary | Web | ゲーム | サバティカル | スポーツ | ミステリ | メタル | 健康 | 投資 | 携帯 | 時事ネタ | 死生観 | 資格 | 雑記
2004|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2007-09-17 (月) [長年日記]

[ミステリ]法月綸太郎『ふたたび赤い悪夢』

ふたたび赤い悪夢 (講談社文庫)(法月 綸太郎)

名探偵・法月綸太郎の長編シリーズ。著者曰く、この作品は『頼子のために』『一の悲劇』に続く三部作という位置付けであるとのこと。

三部作の大きなテーマとして「父と子」が解説でも取り上げられているが、この三部作に限らず、法月綸太郎の長編は、探偵役である綸太郎とワトソン役である親父さんの絆みたいなものが描かれ続けている。本書も、ラジオ局のアルバイトを刺殺してしまったと悩むアイドル・畠中有里奈の育ての父親、そして過去に惨殺されたとされている実の父親が物語の大きな鍵となっている。

また、綸太郎が『頼子のために』の事件の後遺症から、探偵としての在り方に悩む場面も本書の多くを占める。余りにもうじうじしていて「お前ちょっと中二病とちゃうんか」といった感じではあるのだが、『頼子のために』『一の悲劇』という流れを俯瞰してみると、彼の事件への関わり方が「探偵」から「傍観者」へと変わり、そして本作で再び「探偵」になったのかな、という印象を受ける。

他の長編(特に『雪密室』と『頼子のために』)への言及無しに感想を書くことは難しいのだが、刺殺に関するトリックも、ロジックを積み上げて解いて行けば確かに納得できるものだったし、物語の後味は三部作の中では一番良かったと思う。ただ、後味の良し悪しと作品の良し悪しは別であり、読後に強烈に読み手の感情を揺さぶる『頼子のために』に比べたら、小さくまとまっている感じは否めない。

[雑記][ゲーム]シレンDS後日談 Part2

最強の武器生成があっさりと頓挫した風来のミギーは、Wi-Fi通信を利用した風来救助隊に精を出していた! 人の役に立つって素晴らしい!

今日の救助は変化の壺が沢山落ちているダンジョンだった。ミギーは思った「何回か救助に行って手持ちの木の矢が増え過ぎたかな。変化の壺に入れて白紙の巻物にでもなってくれないかな」

  1. 壁に木の矢を撃つ
  2. 変化の壺に足元の木の矢を入れる
  3. 壁に木の矢を撃つ
  4. 変化の壺に足元の木の矢を入れる
  5. 壁に木の矢を撃つ
  6. 変化の壺に足元の木の矢を入れる
  7. 壁に木の矢を撃つ
  8. 変化の壺に装備している火迅風魔刀+99を入れる
  9. 壁に木の矢を・・・あれ?

あ・・・。

メイン武器が「金の盾」に変化した/(^o^)\

ああああああぁぁぁぁ。

食神のほこらに潜って、ブフーの包丁を拾って来るところからやり直しだぁ。

[時事ネタ]ナガシマの乗り物の危険度について考えてみた

大阪府吹田市千里万博公園の遊園地「エキスポランド」で15日、宙づり式ジェットコースター「OROCHI(オロチ)」(全長約1200メートル、高さ43メートル、32人乗り)がコースを1周した後ホームで停止せず、乗客10人を乗せたまま、さらに1周するトラブルがあったことがわかった。一部の乗客は2周目の前に、係員の指示で安全ベルトを外していたが、上半身を固定するバー(ハーネス)が下りており、けが人はなかった。

風神雷神2の事故により一躍時の遊園地となったエキスポランドで再びトラブルがあったそう。このオロチは足を投げ出した形で乗車する、「インバーテッドコースター」に分類されるタイプ。これは私が以前いい歳して一人で乗りに行ったピレネーと同じタイプのコースター。

ハーネスがそのままだったとは言え、それを繋げておくベルト(自動車のシートベルトみたいな器具)を外してもう一周は半端じゃなく怖いね。巻き上げ時はジワジワと嫌な汗が出て来るだろうし、その先にはインバーテッドコースターのコースレイアウトの花形「垂直方向のループ」や「ひねり回転」が待っている訳だからな・・・。

先日ナガシマで遊んで来た時も度々話題に上ったのだけど、この手の遊具は結局「どれだけ安全装置を信頼できるか」の一点に尽きるんだよね。当たり前だけど。私は普段から死ぬのは嫌だ嫌だと思っているんで、遊園地で絶叫マシンで絶叫したままあの世へ行っちゃって、リノリウムの床の向こうの霊安室で家族と対面するような悲しい事態は勘弁願いたい。いざこういう目に遭ったら、良く言われるように、死ぬ直前に脳が意識を断ち切っちゃうんだろうな。

ナガシマの乗り物はどれが危険か検証する

で、本題。

絶叫マシンの宝庫と名高いナガシマスパーランドの乗り物は、それぞれ安全装置が万が一駄目になった場合、致死率はどれくらいなんだろうか?

公式のスリル&スピードを参照しながら、独断と偏見によって検証してみる。

スチールドラゴン2000
開幕のドロップで安全バーがいかれたら確実にアウトだろう。巻き上げが長いので、その時に異常に気付いて停止したら何とかなりそう。終盤は後ろに吹き飛ばされそうだけど、運が良ければ助かるかも。
ホワイトサイクロン
あんまり速度が出ている印象が無いので、案外助かりそうな気がする。というか木造コースターだから安全バー云々よりも火災の方が怖いよな。
フリーフォール
安全バーが駄目になった場合、頭を天井に強く打ち付ける可能性が高い。
ウルトラツイスター
巻き上げ時に停まったりしたら失禁確実。
ルーピングスター
コースが狭いので、身体が投げ出されたらレールにぶつかりそう。低い位置を走っている時なら助かりそう。
シャトルループ
今でも発車時にむち打ちになりそうな乗り物だけど・・・。
スペースショット
人生オワタ\(^o^)/
コークスクリュー
あんまり乗ってないから良く分かんない。
ジェットコースター
コースが地味だからきっと助かる。速度も余り出てなかった筈。
シュート・ザ・シュート
下が水面だからセーフ。
ジャンボバイキング
バーをしっかり握っていれば助かるんじゃないかな? 問題は、慣れた人は皆万歳しているという点か。
バイキング
同上。
ダブルワイルドマウス
安全バーがいかれた場合、真横に投げ出される恐れ。
スウィングアラウンド
大丈夫なんじゃない?
フリスビー
ショボイ方のフリスビー。内向きに乗車しているから、床にしがみつけば助からないだろうか?
スペースシャトル
人生オワタ\(^o^)/
フライングカーペット
これは足が自由だし、着地に気をつければきっと助かるぞ!
ボブカート
カートが万が一停まってしまっても、歩いてコース外に非難できるよね。
ジャイアントフリスビー
酷い方のフリスビー。目も当てられない惨劇が起きること確実。網なんて飾りです。
トップスピン
人生オワタ\(^o^)/

以上、私の独断と偏見により、

  • スチールドラゴン2000
  • スペースショット
  • スペースシャトル
  • ジャイアントフリスビー
  • トップスピン

これらを避けて乗っていれば、多少は助かる可能性があると判断しました。

でも、そんなナガシマはきっとつまんないよね。スペースシャトルはどうでも良いけど。

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]
ユーキさん (2007-09-17 (月) 21:52)

そしてリノリウムの床に響く足音

雷悶 (2007-09-17 (月) 22:01)

もちろん私は苦虫を噛み潰したような表情で涙目でした。

てーさく (2007-09-18 (火) 22:39)

安全装置が壊れるより、動作中にベルトが外れる方が怖いと思うんだ。


最近のツッコミ

  1. ウルトラマン (2019-04-18(木)19:22)「声優代節約の為やぞ」
  2. ああああ (2019-03-28(木)15:19)「バージョンは好きにしていいのか。 」
  3. 雷悶 (2019-01-06(日)09:46)「時代はProっしょ~」

参号館  の中の  日記(ariyasacca)

トップ «前の日記(2007-09-16 (日)) 最新 次の日記(2007-09-18 (火))» 編集