ariyasacca

カテゴリ一覧

Biz | SF | Software | tDiary | Web | ゲーム | サバティカル | スポーツ | ミステリ | メタル | 健康 | 投資 | 携帯 | 時事ネタ | 死生観 | 資格 | 雑記
2004|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|

2010-07-11 (日) [長年日記]

[Software]Python 2.5な環境にvirtualenvを入れてPython 2.6を使う

こないだ作ったDebian lennyのcoLinux環境はサクサクと動いて大変便利なのだけど、aptでインストールできるPythonのバージョンが2.5だった。2.6はtestingやunstableにしか用意されていない上に、こいつを迂闊に入れると依存しているlibc6も一緒にパッケージバージョンが上がってしまってapt環境が壊れそうで怖い。

しかし書籍のPythonに関する記事は大抵バージョン2.6以降を前提に解説されているので、ローカル環境では2.6を入れて使いたい。ググってみると、何ちゃってdebパッケージを作って入れる方法などが見付かるのだけど、なるべくaptに影響を与えない形でインストールしたい。

ので、2009年版Python開発環境を整えようという記事を参考に、virtualenvによる仮想環境を作ってみることにする。

Python 2.6のコンパイル

まずはpython2.6パッケージのソースコードを取得してPython 2.6をコンパイルする。事前にzlibを準備しておかないと、「コンパイルは通ったのにzlibモジュールが使えない!」という場面に遭遇してvirtualenvがうまく実行できないので注意(参考:Mercurial の利用 > インストール)。最初ここで引っ掛かってしまった。

ひとまず${HOME}/local/Python2.6にインストールする。

$ sudo apt-get install zlib1g-dev
$ apt-get source python2.6
$ cd python2.6-2.6.5+20100706
$ ./configure --prefix=${HOME}/local/Python2.6
$ make
$ make install
$ ~/local/Python2.6/bin/python -V
Python 2.6.5+

virtualenvのインストール

python-setuptoolsパッケージに含まれるeasy_installコマンドでインストール。1.4.9が入った。

$ sudo apt-get install python-setuptools
$ sudo easy_install virtualenv
$ virtualenv --version
1.4.9

Pythonの仮想環境を作成

先ほどホームディレクトリ以下にビルドしたPython 2.6を指定して仮想環境を作成する。結構時間がかかった。

$ virtualenv --python=${HOME}/local/Python2.6/bin/python ~/mypy26

apt経由でインストールされているPython 2.5でも仮想環境を作ってみる。

$ virtualenv --python=/usr/bin/python ~/mypy25

仮想環境の活性化、非活性化

これで、システム環境とは独立した自分用のPython仮想環境ができた。activateスクリプトを実行して、活性化させる環境を切り替えて、バージョンを確認してみる。このスクリプトを実行すると、環境変数PATHを書き換えてくれるみたい。

$ source ~/mypy26/bin/activate
$ python -V
Python 2.6.5+
$ source ~/mypy25/bin/activate
$ python -V
Python 2.5.2

個別の仮想環境にipythonを入れて使うこともできる。

$ pip install ipython
$ pip install readline

仮想環境を非活性化させたい時は、deactivate関数をコールする。

$ deactivate

ということで、思ったよりも簡単に仮想環境を作れて、とても便利。

easy_installは個人ディレクトリにインストールすることもできるので、root権限のもらえないレンタルサーバや、他人と共有の開発環境などで、任意のバージョンのPythonを使いたい場面でも有用かもしれない。


最近のツッコミ

  1. 雷悶 (2020-03-25(水)19:32)「東浦は治安が悪そうだから走りたくありません。」
  2. 東浦10キロマラソンの会 (2020-03-24(火)23:43)「そんなに暇ならもうマラソンをはじめるしかないね。」
  3. 雷悶 (2020-03-22(日)20:11)「通りすがりさん、同感してもらえてうれしいですw」

参号館  の中の  日記(ariyasacca)

トップ «前の日記(2010-07-04 (日)) 最新 次の日記(2010-07-13 (火))» 編集